スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾーンの吸引力でゲレンデを上った!


週ジャンの感想。


ToLOVEる。

男の夢といえば裸エプロン、というのが一般的な定説(?)だが、
個人的には、犬に人格を移してモゴモゴフガフガこそが最高の男の夢だと思っているわけでして。
(自分が犬になる、って所が重要!まず叶わないからこその夢なのだ!!)

そのターゲットを沙姫お嬢様にしたところがグッド・・・ならぬ、ゴッドジョブ!
(実際に仕掛けたのは犬人格の人間だから、上の例とは逆だけどね)

しかし、犬になった主人公が憧れの女の子に拾われて一緒にお風呂って、
ここまで臆面もなく、勇者が竜退治レベルのベタ展開を行くのはかえって尊敬するわ。
しかも『原作者付き』漫画で。


新連載のバレーボール使いは、
うすた京介的な、意味不明の不条理ギャグに撤した物を期待したのだけど、
変にドラマもやろうとしてしまって、
しかも、ギャグとドラマのどちらも安全圏を抜け出てないので、どうにも中途半端な印象。
扉絵で、「今週、登場しないヒロイン」と紹介されたヒロインが、
引っかき回し系っぽいので、それからが真価か。

というか、むしろもう『ポンセ前田』に連載、持たせろよ。

サムライうさぎは、
読んでいて、丁寧に編み上げた力作!という感じがひしひしと伝わって心地よいけど、
さて、作者はどこまでこのテンションを維持できるか。
まあ、10週はない・・・と思う。


そして、テニプリはやはり最狂の天然ギャグ漫画だと再認識。
手塚戦からこのリョーマ戦に掛けてのインフレ超能力テニスの応酬に、
もう笑いまくり。
しかし、この伝説の腐女子受け漫画も、いよいよ締めに掛かっている印象。
・・・寂しくなるなあ。

あ、ラストシーンは、ラジカセから「まだまだだね」の声が流れてくる一枚絵でよろしく(←許斐先生の前作『COOL』ネタ)。

ははは。
まあ、テニプリはここまでやれば大往生じゃね?とも思うが、
問題は、ムヒョもオールスターキャストでエンチューと対峙して締めに掛かっていることなんですが。
うーむ、赤マルジャンプから応援してきた身としては、
ちょっと切ない親心的な何かが・・・。

つか、今からでも初期の霊能探偵路線に戻せ(バトル物のムヒョが好きだったわけではないんだ・・・)。
スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/409-3211bb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。