スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カ・イ・カ・ン


さて、今夜はドラマ『セーラー服と機関銃』。

旧作の映画は、TV放映で観たことあるのだけど、
それはかなり面白かったので、とりあえずこちらも観ようとは思う。

正直、TVドラマに偏見がある人間なので不安の方が強いが、
とりあえず、長澤まさみのセーラー服姿・・・
い、いや、演技力が拝めるだけでも見物か。
・・・ぶっちゃけ、そんな好きってほどでもないですけどね。



『鉄板少女アカネ』は、番宣からすでにハズレの匂いが漂うけど、
映画『逆境ナイン』の月田さんからの付き合いとして、
掘北真紀の活躍は応援したいので、こちらも観てみようとは思う。
熱くて悪くないけど、どうせなら逆境ナインイズムの熱いバカ路線で、
ストレートに突き抜けろ!


・・・うむ、ドラマも問題なく面白いな。セーラー服と機関銃。
主題歌が旧作そのままってのも泣かせるし(リメイク物ならそれが普通かもしれんけど)。
長澤まさみの芝居もよかったと思う。

しかし、ちゃっかり小市慢太郎(二代目ロバート&ガルフォ-ドの声優)が出てたのが驚いた。あの訛りが抜けてない刑事さんかな?
ちなみにネオコロ版のロバートは元祖の稲毛氏を起用しています。

スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

ちなみに長澤まさみは“F”はあるとか・・・
だが本人がそれで売りたくないので普段はサラシを巻いてるとかなんとか・・・
綾瀬はるかといい、いまさらですが、セカチューのヒロインはルックスで選んでる気が特に強い気がしますね。

昨日のドラマでも、横からのショットから見るとかなりアレでした。
芝居も大評価され人気もうなぎ昇りの上にF
とは・・・彼女、完璧超人ですね。
いろは並み。

『ローマの休日』のヘップバーンも、
「胸が大きいと王女のイメージに合わない」ということで、
目立たせないよう撮影したと聞いたことがあります。
長澤まさみさんをまじまじ見たのはこのドラマが初ですが、
私の中ではイメージが広末涼子と被ってます。
…似てませんでした?

さて、『セーラー服と機関銃』は原作のファンです。
というか赤川次郎のファンなので、
高校の読書カードはほぼ赤川次郎で埋まってます。
ユーモアミステリーを得意とする赤川先生ですが、
個人的にコメディ色は抑えてミステリー部分を強調してほしいなあと。
とはいえ「8940(やくしまる?)」はウケました。

うちには表紙が薬師丸ver.の原作本があります。
昨日本屋さんに行ったら、長澤ver.売ってました。
ふたつ並べてみたい気も…。

広末似は自分も思いました。
映画にドラマにCMと多数出演、そしてイメージと、現代の広末の位置にいるかもしれませんね。
・・・すみません、長澤まさみ、本作からハマる可能性あるかも(苦笑)。

赤川次郎作品は、女子大生が探偵をやるはめになった(うろ覚え)作品を読んだことがありまして。
その犯人が、第一章ではまったく絡まず、
第二章で唐突に出てきた、助手を引き受ける友人の男子学生。
伏線もなにもなしにいきなり犯人だったので、
実に驚きました(位置的にはコナンの園子だし)。

作家も作風の知識もなしで読んでいたので、赤川次郎の、いたずらっ子のようなユーモラス精神には感動すらしました。
これを機に、もっと読んでみたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/262-55d23ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。