スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え?・・・な、なにを・・・・見ているんだ・・・?


うむ!期待通りに昨夜は盛り上がったぞ、ネオコロオンライン!!

昨日は待ち受けのCPU戦で急遽、思いついて実戦投入したネタがそこそこ役立ってくれた。
その技とはずばり!!


挑発キャンセル投げ


・・・い、いや、挑発フェイントはKOF96とかでも普通に使われていた古い戦法だけど、
挑発モーションは一瞬でキャンセルできるので、
圧倒的にボコられてる上級者にも意外と通用したり、
なにより、挑発を戦術として利用するというワーヒーらしさ、
ワーヒー勢らしい自己主張がようやくできた、というのが非常に嬉しい(笑)。
・・・そこ、セクシーコマンドーとか青木のよそみ(はじめの一歩)とか言わない。

まあ挑発されて、もしかしたら相手は不快に思っているのかもしれないが、
ここまでやらないと、いや、やっても勝てないんだよ!俺は!!
・・・理解してくれ、みんな。



ちょっと脱線するけど、原典のワーヒーシリーズでは、レバー任意方向で勝ちポーズや負けポーズ等が出せるので、
たとえばフウマの負けポーズの一枚目は、烈風斬のモーションの一枚目と同じなので波動昇龍のフェイントに使ったり、
パーフェクトのリョウコの負けポーズは、立ちガードできるしゃがみ状態、という最強の構えとして使える(注:JETでは絵はしゃがみでも内部的に立ち状態だから無理)。
しかも、固定されて動かないようになるから、究極奥義入力の難易度も落ちるのだ

JET以降の挑発(各種ポーズ)の研究はワーヒーの隠し味!
これだけで数倍、面白さが増すのでワーヒーゴージャスでも実戦投入しよう!!
以上、宣伝でした。



・・・・ところで、アテナはとうとう限界を感じてきたなあ。
ツボにハマれば一気に爆発できるキャラではあるけれど、要所要所での通常技の判定負けがキツすぎる・・・。
せめてSVCのときのように、遠立ちCにガードポイントがあればなあ。

さ、東京に旅立つか・・・て嵐なんですけど、外。
スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

コメント…(マキシマム連続技風)

『ワーヒー2』は、操作説明画面で“Cボタンが投げ”とか言ってた
もんだから、投げ失敗して挑発(キャンセル不可だったかと)に
化けまくりでした。ゲセ通いを始めた頃の思い出の一つですよw

適当検索してたら↓を発見。既出でしたらスミマセソ。
page.freett.com/chamba/wh-doumei.html

私も「C投げ」の認識に苦しんだ記憶があります。
前作もC投げがデフォでしたから、まんまとダマされましたね(苦笑)。

例のサイトさん、情報ありがとうございます。
まあ、遙か昔に見つけたことはあったのですが、コンテンツがなにもなかったようだったのでスルーしてました。

今回は50の質問があったので、参加させていただきます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/256-c27a3c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。