スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無敵の龍、最強の虎


正直、高校野球にはさほど興味のない人間でして。
ゆえに決勝だからといってほとんどスルーしていたわけですが、
とりあえず途中経過は気になるので家族がそろって見入っていた野球中継をのぞいてみると・・・11回表!?

決勝戦、両校瀬戸際、1対1の息詰まる攻防。
こんな展開になっているのなら、さすがに見届けてしまいますよ。

しかし、両校とも本当に互角。
技術、メンタル、駆け引き、運、そして根性と執念。
ここまであらゆる面の五分の試合、いや勝負が観れるとは・・・。

そして、その熱戦の結末は・・・最終15回を終えても決着つかずの、
なんと再試合となってしまった!!
リアルで『大甲子園』の明訓vs青田(準決だけど)。
リアルで『名門!第三野球部』の桜高vs陸奥高。
こんなマンガみたいな展開が、現実にありえてしまうのか!?

早稲田vs苫小牧・・・この勝負の行方はさすがに予想できないし、ぜひとも結末を知りたいドラマであります。
うむ、お見事!!
スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

地元の高校、応援してたんですけどねえ。
ベスト4で早稲田に敗れてしまいました。
初出場校だったので、きっと初戦敗退だよ、なんて言われてたんです。
ほんと、大健闘でしたよ。
で、地元校が敗れたため、決勝は見てなかったんですが、そんな熱い勝負がなされていたとはっ!
再試合…勝負の行方が気になりますね。

さて、ついに『逆転ナイン』を観ました!
こちらも熱い試合を展開してくれました。
ところどころ熱い(暑苦しい?)ネタが詰まってましたね。
一番ウケたのが審判による「透明ランナー制!」の宣言でした。
「子供の草野球のルールじゃねえかぁぁぁ!!!!!!」

なんと地元校がそこまで!
それは力が入りますね。ベスト4とは本当に残念でした。
敵を立てて、敗った早稲田を応援してみるのも一興かもしれませんね。

ええ、昨日の延長戦は、どちらもランナー三塁の決勝点チャンスとかピンチを迎えるのですが、お互いがそのたびに精神力で乗り切るという、本当に熱い攻防でした。
優勝の予想は・・・無理ですね。そこまで実力伯仲です。

逆境、観ましたか!
原作では、あの透明ランナー制は本当のルールだと思って描いたとか。
あの審判は役者ではなく、本物とか。
DVDの副音声説だといろいろなヤバイ秘密がわかって面白いですよ。

ただ「いかん、練習不足だぁー!」の不屈が、日の出商相手に113点取れる屁理屈がない、といいう破綻が痛いんですよね。
原作では、日が暮れて翌日、続きをやることになるのですが、
日が変わって「今日は不屈君の日」という状態になるので、納得できる(?)屁理屈がつくんですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/193-8505e8c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

名門!第三野球部名門!第三野球部(めいもん - だいさんやきゅうぶ)は、週刊少年マガジンに連載されていたむつ利之原作の漫画作品、もしくはそれを原作としたテレビアニメ。この漫画の実質的な続編として「上を向いて歩こう (漫画)|上を向いて歩こう」がある。.wikilis{font

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。