スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働なんてくだらねえぜ!!俺の歌を聴けぇ!!


昨日は問答無用の15時間労働・・・。遅番スタートで、帰宅したのは朝の4時半でした。
久々にメタスラ6でもやりに行きますか!と強い衝動に駆られましたが、ひと晩ならぬひと朝、寝たら体が動きません。頭もGANGANします。
肉体・精神の疲労は妥協するとしても、
貴重な休日を、次の仕事に向けて回復のために犠牲にしなければならないという理不尽が、もっとも腹が立ちますね。

まあ、どんなに愚痴をこぼしても現実は変わらないので、
メンタルバランスを整えるために、仮眠しながら(肉体を休めながら)できる趣味を・・・と、音楽鑑賞をしてみました。

アルバムは、買ったままあまり聴きこんでいなかった「アニソンNO.1」をチョイス。
要は昔の名曲アニソンを当時の歌手がカヴァーするという企画物で、
「北斗の拳」や「キン肉マン」などの定番から、「幽遊白書」などもフォローしているのが渋い。
その幽白を担当している高橋ひろ氏が、ほぼ当時のままの歌声を披露してくれたのには感動した。(馬渡ねえさんの「ほほえみの爆弾」もあり)。

で、逆に残念だったのが、影山ヒロノブ氏の「ドラゴンボールZ」の劣化。
本当に発声が苦しく、こもっていて響きがない。そればかりが気になって、せっかくの名曲に酔えないのだ。
長年の声帯疲労というのもあるのでしょうが、水木の兄貴や堀江ミッチーの例を思えば・・・もう少し頑張って欲しいところでした。
とくに「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は本当に長い間、アニメで当たり前のように聴いてきたので、その一節一節が遺伝子に刻み込まれていると言ってもいい曲。
だからこそ、このギャップは耐えがたいものがあるのですよね。

まあ、ぶっちゃけ「炎のキン肉マン」と「愛を取り戻せ!!」を聴いただけで疲れ吹っ飛びましたけど(笑)。
何だかんだで、上のドラゴンボールも、北斗も肉も幽白も、うる星やつらもみんな、アニメ史に残る名曲には違いないです。



余談になりますが、今、私にとってもっともな癒しソングとなっているのが、植田佳奈のアルバム「かないろ」。
散々、迷った挙げ句にとうとう衝動買いしてしまった代物だが、これが想像以上の「お宝」として作用している。

植田嬢については、平成版「サイボ-グ009」の001で気になりだし、「マシュマロ通信」のジャスミンで、キャラととも堕ちました・・・・(パンジー役もよかった)。
間違いなく、現在の私にとっての声優アイドルといえますが、
最近は、彼女の出演作にはほとんど出会ってないなあ・・・。
仕事が多いのは間接的に知っているつもりですが、
彼女が主役で、かつ評判の高い「マリみて」さえ観たことないですしね。・・・ビデオでも借りてみようか。
スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/18-1535525b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。