スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーケード格ゲーは本当に終焉なのか?


大手レジャラン系列のエヌアイン入荷予定が、秋葉とその他1店だけで背筋が凍った。
稼働1週間前の情報だから、追加も考えにくい。


前作アカツキは安価も影響してか、地元にさえ入荷したぐらいによく見かけたので、その反動もあってショックは大きい。


ウメハラインタビューのネット対戦絶賛記事を読んだばかりだから、弱った心に追い討ちをかけらたようで効いたわ。

ネット対戦は利便性では最高だけど、環境が無機質で好きじゃないんだ。
世界中のプレーヤーと繋がっても、結局、部屋には独りなんだよ。
スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

ネット対戦は負けても金かからない、相手(レベル帯)を選べる、
罵倒台パン灰皿投げの恐れが無い、家に居ても出来るってのは大きいですね。
ライト層に優しい環境だと思うので、ネット対戦は格ゲー界の新規枠獲得を考えたら必須かと。
まぁ格ゲーだけじゃなく、ゲーセンの在り方そのものが問われてる時代な気がします。
とはいえゲーセンの雰囲気は俺も好きなので生き残って欲しいですねぇ。
いっそオフ会や交流の場として特化してゲーセン喫茶とかできたら面白いかも?

もうオフ会時は誰か家に呼んでくれよ、とw
あまり詳しくないけど、スパ4熱帯できるネカフェとかもあるのかな?

確かに、熱帯が流行って商売に繋がるとまで考えてもらえるようになるなら、新時代に即した喫茶店などの反応にも注目、歓迎したいと思います。

自分も頑なにゲーセン保守を唱え続ける気はないけど、ゲーム好きが集まる空気感を味わえるゲーセンはやはり捨てられないかな。


ゲーセンにも新サービス起業にも、時代を見据えた閃きに期待しましょうということで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/1633-902ca8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。