スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人はパンのみに生きるにあらず。されどパンを得るために生きなければならず


定年には若干早い父が、いきなり仕事(土建業)を辞めてしまった。

一昨日ぐらいに、辞める考えをしてるとか、嫌な上の人が人事異動する可能性があれば続けるかも云々の話を初めて聞いて、
近くに起きうる話だろうから覚悟は決めておくかと思いきや、いきなり今日の話になってしまった。

まだ新しい仕事を見つける気でいるが、
手探りも手探りの状態なので、しばらくかかるだろう。


ゆえに、家族五人を支える収入源のだいたいは、
不景気で就業時間30分短縮されてる(しかも最近は定時続き)の時給派遣労働者な自分と、
月収10万いかないアルバイトの妹に委ねられるわけで。
てか、毎月の食い扶持分すらスルーしてる妹は何も払わないだろうけど。

しかもこのタイミングで、祖母の介護サービスの話まで進もうとしている。


自分の今の仕事について、
どうしても不向きな作業の上、風当たりも強かったので精神的にまいってしまい、
昨年12月の中頃に1月いっぱいで辞めると派遣担当者に相談したのだけど、
担当者が気を利かせてくれて、会社側には伝えなかったということでまだ仕事を食いつながせてもらっている。

さらに、不謹慎な話ではあるが、不景気の影響で1月から作業量が半分以下に落ちたおかげで、
毎日一回は怒られながらもなんとか仕事についていけているし(でもいつ糸が切れるかかわからんけど)、
タイミングとしてはいろいろな形で救われた。


この先、どうなるかはわからない。
夜にバイトを入れるか?と思っても、昼の仕事だけで相当な精神力を削りながらやってるので、
モチベの回復の余裕も無しに労働漬けの毎日は送りたくないし、
貯金も自分の今後の生活余剰分ギリギリぐらいはあるので、なんとかなるだろうとは思うけど。

資格も視野に入れつつ、
せっかく定時の毎日なら現状打破の力を鍛えるために時間を有効活用するようにしようと思う。

怠け心には、
ちょうど曽田正人先生のブログに書かれた天才論にも目を覚まされたところだし、
家庭用ゲームを抑えたってのは、遊びの選択肢を消すことで鍛えの時間を確保するという側面があったりする。
スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

大丈夫なのでしょうか、父上様は。
このタイミングで不意に辞めても正直怖いだけだとお見受けしてしまうのですが。

何でもかんでも「不景気」の一言で片付けて何もしてなさそうな人間が国の上のほうに多いからこうなってんじゃないかなぁと思うんですけどね。

>YUSAさん

父の件、ご心配ありがとうございます。

まあ仕事自体が減っていたということも辞めた理由の一つだと思いますが、20年の土建業生活に終止符を打ったことには素直にお疲れ様と言いたいです。
自分と違って父は器用な人なので、技術職ならなんでもできると思いますから。

自分は自分で早く楽させてあげられるよう足場を安定しないと・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/1032-a1c67bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。