スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんたに夢を見せてやるよ(朝倉信吾)


フジハラさんのネオコロ動画更新。
タン先生、脅威のメカニズム(?)!
撃放30HITオーバーを見逃す手はないぜ!!
(この怪しいウルテクの対象が、タン先生ってのがミソだよなあ(笑))

さて、今月のアルカディアでは「闘劇」特集が組まれていました。
いやあ、記事に目を通してると、あの熱気が!熱戦が!しみじみと蘇りますねえ・・・。

しかし、本文は文字数の関係上、だいぶ見所が端折られており、残念ながら世間に伝わらない名勝負が多いのも事実です。
過去の例だと、各タイトルの本戦トーナメントをじっくり検証した特集があるので、今後は語られると信じたいものです。
また、これから闘劇爆心地など有名プレイヤーのインタビュー企画も増えると思われるので、もうしばらくはあの夢の余韻に浸れそうですね。
もちろん勉強もさせていただきます!

そして、7月予定の「闘劇魂Vol.3」に本戦の模様をピックアップした付録DVDが付くそうなので、そちらにも注目です。
もし収録されるのなら、サムライの決勝とか、絶対に観た方がよいと思います。
本当はいずれ出るであろう、各タイトルのDVDを買うのが一番でしょうけどね(私は買います)。

(↓続き。A.C.E.2プレイ日記。ついに登場!新たなる輝き!!)


けっこう進んだけど、さすがに厳しくもメンドくさくなってきたなあ。
敵が強いというよりも、最大の壁は、制限時間と操作性(笑)。

母艦援護のミッションが増えてきたのだけど、
雑魚の数が半端ではないので、「ミッションターゲット」である敵戦艦群のサーチが素早くできず、
誤って補足してしまう余計な雑魚のサーチを外しては、
本命補足に手間取っているうちに母艦が破壊されてゲームオーバー・・・てなことがしばしば。
結局、MAP兵器ともいえるウイングゼロのローリングバスターライフルに頼ってしまうのであった。
戦艦の3~4隻、雑魚もろともこれ一撃で沈みますから(笑)。
使いづらいけど、やはりゼロは反則だ。

イベント面では、
やはりダンバインとブレンパワードの似た者同士、ドレイク軍とリクレイマーが共闘するのだが、
その中のクロスオーバー、トッドとジョナサンの「ママ」に対する価値観のすれ違いが巧いと感じた。

そして、いよいよゴッドガンダム登場!
さすがGガンといったところか、演出面がかなり優遇されていました。
ゴッドフィンガーの専用カットインはもちろん、
出撃シーンで「出ろぉぉぉ!ガンダァァム!!」の指パッチンまでやってるし(笑)。

性能は、これもまたクセがありすぎて、強力だが使いこなしがムズイ。
真の実力を発揮する「ハイパーモード」発動まで、ゲージ稼ぎも必要となるし、現状ではまだゼロの方が使いやすかったり・・・。
それでも、私はゴッドでガンバリますよ!
スポンサーサイト

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

コメント

ご紹介感謝です^^

やはり今回はでぶさんですねぇ、ゲンさんもですが
両者はキャラ枠を超えた勝負巧さがありますね。

センコロの新作はロケテでもプレイヤー方が
色々アンケートを書かれてました。
毎度調整されているようで、完成版も期待したいです。
チャンボの新コスはチャイナドレス系でしたよ(笑)

ゲンさんの超破壊力チームも美しいですよね。ああいう極端なシフト編成は、どこかが突出しているだけに非常に怖いと思います。
実際、でぶくんさんとの対戦は火力が爆発してましたね。

ロケテアンケートといえば、
実はAMショーのネオコロアンケートで、ハンゾウ&フウマに原作通り二段ジャンプを!と書いたのですが、まったく無視されました(苦笑)。

でぶさんは場合はリー、ゲンさんはウーで
比較的アサルトを当てやすいのですが、
その後のタン・覇王丸はまさしく恐怖ですねぇ。
素早いGCFSから半分近く持っていかれます(汗)

私的に忍者はしゃがみアッパーもアリですが、
どちらかはしゃがみ突きも欲しかったです((笑))

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bgf.blog53.fc2.com/tb.php/102-dd2e1ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。