スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープが勝つからおもしれえんだ!!


よっしゃぁぁぁぁ!

阪神戦3タテ、4連勝!!
GW(こどもの日)とくれば鯉のぼりなだけに、
鯉球団の調子も昇ってる!

いやあ、たまたまテレ東で広島戦のデイゲームやってたんで観てしまったけど、
やっぱり勝ち試合は爽快だね。

とくにクリンナップがみんな調子いいと、本当に気持ちいい。
前田の、初球3ラン神ムランの流れは思わず大笑いしちゃった。
もちろん倉のおまけソロもOK、OK。
最近のカープ、いいよー、いいよー!


そんな感じで、現実のペナントレースも楽しいが、
ゲームの方(水島プロ野球)も相変わらず熱狂する面白さ。
実は、昨夜11時頃から今朝方5時半ぐらいまでやってた(苦笑)。
ゲームで徹夜したなんて久しぶりだ(それから11時まで寝た)。

ペナントモードは、
試合を重ねるとしっかり疲れが溜まったり、調子のアップダウンがあったりと選手が生きているので、チーム全体のモチベーション管理まで含めて、監督するのが楽しくてしかたない。

1ゲーム遊ぶだけだと、ただベストメンバーで固定すれば、それまでだしね。
ペナントモードでは1試合ごとにオーダーは迷ってるよ、ホント。

とくに選手の『調子』は重要で、
どんなにデータでは強打者であろうと、
不調だと本当に打球が飛ばなくて(現実の緒方、嶋の苦労がわかる)、
主力でもあえて大胆に控えに回したり、とか、
逆にデータ的には使う必要のない選手が、調子がいいだけで大活躍とか、
勝利の方程式がピタリと当てはまらないのが楽しくて仕方ないです。

あの『あぶさん』ですら、調子が悪いだけで一時、控えに回したりしたぐらいだし。
開幕戦では3ホーマー打つ、怪物ぶりだったんだがなあ・・・。
そういうストレスも含めて楽し。


で、それに加えて、水島新司のキャラクターが出演してキャラゲーとして燃えるんだから、
これ密かに神ゲーじゃね?
・・・と、家庭用の野球ゲームは
SFCのパワプロ’94以来に買った自分ごときが言ってみる。
スポンサーサイト

俺の名は知らない方がいい。知ると不吉が起こるぜ


焼き肉を食いに行って、
歯や骨を鍛えるためにナンコツを食べたはずなのに、
そのナンコツの固さで、歯を欠いてしまった俺が来ましたよ。
気付かずに、そのまま食ってしまったかも?・・・歯(の破片)。
・・・ふ、不吉。


今日こそは、ロッキーを見に行こうと思っていた。
が、公開一週間で初回17:00枠に左遷させらていたので、
夕方までの暇つぶしに、ふと水島プロ野球のペナントモードをやり始めたら、止まらなくなった。
で、結局、午後はほとんどそれに費やしてしまったのだ。


しかしこのゲーム、アーケードのベタ移植かと思いきや、
家庭用ならではの、かなりの改変が加えられ、
はっきり言ってまるで別物だった。

トレードが最初から制限無しでできてしまうのは、
あっさり理想のチームを作れるので面白味に欠けるが(アーケードではポイントを稼いで選手を購入)、
EDITキャラの育成が、能力値や顔・身体だけでなく、
バッティングフォームの設定やアクセサリーまで、これでもかというぐらいに充実していて、つい病みつきになる。


ちなみに私のEDITキャラは、
『名門!第三野球部』より、キャッチャーの海堂さんをモデルにした。
だって広島カープに絶対的に足りないものって、打てるキャッチャーだし。
・・・まあ、倉は今年は頑張ってるけどさあ。

チーム編成は、
前田、新井、緒方、野村謙二郎(このゲームではまだ現役!)、黒田など、
純正カープの主力メンバーは残し、
あとは水島キャラをトレードで固める。

とは言っても、『ドカベン』の明訓メンバーを入れるのは
当たり前すぎてちとアレかと思うので、あえて封印。
(だから、打てるキャッチャーの山田太郎もトレードで取らなかったのだ)

『球道くん』の中西球道や、『野球狂の詩』の水原勇気、
『あぶさん』など、ドカベン以外からのオールスターを中心に集めてみた。

しかし、セーフティバントでセーフになる『一球さん』の忍者走塁は反則。
掟破りの7割バッターだよ(笑)、真田一球。
一球さんと1、2番コンビを組ませている不吉霊三郎も、
なぜか調子がよく4割弱。

エラーを誘発する秘打『不吉』が熱すぎるのよ!
・・・もうちょい足が速ければ1番にしてもよかったのだがなあ、不吉。
一球さんは、「自分も生き残れる送りバント要員」で2番にしたかったのだが。


最近は野球ゲームに飢えていたので、水島vsプロ野球の購入は大当たりでした。
やっぱり、監督になるのは面白いなあ。


しかし、ゲームの中の緒方は神レベルに打つのに・・・
現実の緒方は絶不調で鬱なのね。

ほたるぅぅぅぅぅ!!


ビックリマン。

先週、今週と面白かったが、閑話休題の寄り道話はもうやめて、
そろそろ若神子にスポットを当ててくれよ!
と、欲求不満になっていた矢先、
来週は来るみたい、若神子の話。

てか、もういいんじゃない?
若神子が、せめて何人かは仲間になっても。
レギュラーが増えすぎると人員整理に困るから集結させないのかしら?


鬼太郎。

すみません。
吉田玲子脚本って勘違いに、そのまま騙されました・・・。
沼御前なんていかにも女史の好物っぽい素材だったから、先入観でつい。

脚本力の劣化を本気で心配したが、人違いでよかったです。
まあ、女史の仕事にもハズレを感じるときはあるけど。
・・・そういや最近、吉田玲子脚本に触れてないな(獣王星が最後か?)。


話の方は、粗が多くておかしいというか、
人間達の行動(善玉?の二人にも)にどれも共感できない、
ゆえに感情移入できず退屈だったのかもしれないが、
今回は、人間のエゴは全て悪、という結論で捉えれば納得ができるか?

ラストで、ついに人間を見捨てる鬼太郎に戦慄。
このダークさ、厳しさ、・・・たまらんよ。

てか、今回の話、
穿った見方をすると、劇場版@ウエンツの販促よりも、
むしろ劇場版製作への否定じゃね?とも思ってしまうのだが、
・・・気のせいだろうか?


ハヤテのごとく
・・・これなんて学園アリス?

まあ、ツッコミ担当ナギ(=くぎゅ)の役どころは、
蛍ではなく、むしろ神楽だけどね。

お楽しみの次回予告パロは、
「君は、刻の涙を見る・・」とか、
有名どころをストレートにチョイスするとつまらん(どうせなら元ネタ同様、小杉十郎太氏に・・・)。

軽症レベルのマニアでわかる、ギリギリの線がいい。
テッカマンブレードの「仮面の下の涙を拭え」とか希望。

あれは?KOFのイレブン。KOFの最新作。今ごろ来るなんて・・・今ごろ


バトルファンタジアも、
やっぱりアルカナFULLも入荷してないホームゲーセンに行くと、
なぜかKOFイレブンが入ってた。

ホント、今さら・・・。

好きな方のゲームだし、100円2クレなんでとりあえずお布施。
あ、やっぱり隠しキャラ出てねえ・・・。
メインキャラの天童凱・出現まで、またムダに何日も待つのかよ(苦笑)。

でも、オフラインだからあの終わってるラグにストレス溜めることもないし、
現役稼働してるKOF2002よりは好きなんで対戦してもいいんだけど、
凱のリザーバーのラルフなんて、イレブンじゃほとんど使ってなかったんだよなあ。
・・・まあ、イレブンのラルフは厨性能だから、
キャリアはなくてもなんとかなりそうではあるけどね。

でも、結局はアルカナの箸休め程度でやろうとは思いますが。


中古ショップで『超ドラゴンボールZ』と『水島新司プロ野球』を購入。

前者は、ワゴンセール価格なら確実にお得!ぐらいに遊べるし、
後者は、ここまでイロモノなコンセプトの野球ゲームも珍しいので、
記念碑作品として補完することにした。

実は、ゲーセンでもカード作って本格的にやってたんだけどね。
新作が出ないのでデータが古いのが残念だが、
・・・とりあえずカープに前田がいればいいや。


結局、ゲームばっかりだな(とほほ)。
まあ、連休第1日目だからいいか。
RB2のオンライン対戦にもすぐに復帰する予定です。

連休キライ・・・(?)


明日からなんと9連休になってしまった。

・・・まあ、学生時代なら遊びまくり弾けまくりの夢の連休だったろうけど、
派遣社員的にはやはり

・・・しゅ、収入が・・・(苦笑)。

と、長期休暇もあまり喜べないのであった。
(ちなみに月給取りの社員時代はGWや旗日なぞ関係ありませんでした)


さて、どうしようかね?


ペルソナ3フェスなんてやり込み新作ゲーは確保してあるけど、
さすがにゲーム三昧はよしたい。

・・・と言いつつ、逆転裁判も終わったことだし、
アルカナも納得のラインまでは仕上がって平熱になってきたので、
MMBBへの復帰を本格化しようとは思うが。

DVD(逆転イッパツマン、獣神ライガー)も進めようかな?
とくにイッパツマンはあと1クールちょっとで、クライマックスに向かって盛り上がってきたし。


映画も、『ロッキー・ザ・ファイナル』は見に行こうかと思うけど、
『東京タワー』も迷ってる。
そういえば、TVで取り溜めた映画も多いから、消化しとくか。
植木等の作品とかね。
・・・スパイダーマン3は、『切り札』ってことで保留。


あとは、4月にやりたかったことが結局、出来なかったので、
それに時間を費やしてもいいかな?
というか、むしろ費やそう。

あるまじきぃぃぃぃぃ!!


昨夜、逆転裁判4、クリアー!
チョイバレがあるので、(簡単な)感想は続きに書きますね。




【“あるまじきぃぃぃぃぃ!!”の続きを読む】

男の行動は一事が万事!!


・・・あいった~。ミスったなあ・・・。

恋の駆け引きで大ポカ。

で、それが原因で、
ビアンカがおそらく、同じ職場の空気を吸いたくない的な告げ口して、
仕事も、適材適所だった担当から、不得手な作業場に左遷。
おまけに、事情を知る社員さんの目の色も変わっちまうだろうなあ・・・。

・・・うう、一気に居心地が悪くなってしまった。
仕事を気楽なルーチンワークで流せたからこそ、
他のことに余裕ができたのに・・・。
もう、弁護士バッジを失うレベルに巻き込まれたわ。


でも、まあ今日はケンカしちゃったけど明日は、せめて謝ろう。
強制的に離されることで、頭も少し冷やさなくっちゃ。


帰りに本屋で、マンガ『逆転裁判』の1巻をGET。
『ふたつのスピカ』の最新刊も欲しかったけど、なぜか(ってか需要がないからか)、売っておらず・・・。

疲れるほど働くな!


今日も別棟での仕事。

監視のつかない部屋にさりげなく逃げて、
朝から脳ミソを使わない内職を、半分、寝ながらこなしてたのだが、
小休憩あけの最後の2時間で、新しい仕事を任される。

依頼主は、この間の正社員クン。

それは現在、作業場に置いてある在庫の数量調査(100~1000単位)
・・・なんだけど、
こないだ書いたとおり、自分にとっては初の作業場。

当然、モノの種類も名前もまったくわからない状況なのに、
謎のアルファベットが羅列された資料と、
身内だけのローカルルールで決めて書かれたメモを渡され、
あまりにも不明瞭な仕事の説明をされる。
・・・元から説明ベタな上に、他の仕事が詰まってたから焦ってたのだろうけどね。
(それでもこちらの質問には、きちんと応えてくれるのは素晴らしい)


まあ、仕事はやってくうちに、
自分の頭(というより、工場での社員経験)でなんとなくわかってきたので、
自分流にアドリブも利かせて(おそらく)どうにかなったが、
仕事そのものを理解しても、
情報源にしたい商品札や、前回、使ったであろうメモ等が整理されてない。

おそらく彼が自分でやってもできないのでは?
ってぐらいに、場が混乱してたのはまいった・・・。
そこまで余計な逆境はいらねえ(笑)。

他の仕事で彼ともう一人の社員はほとんどその部屋にはいなかったが、
たまに戻ってきたときに捕まえて問いただすと、
案の定、困ってやがった(苦笑)。

正直、今日の自分の仕事、100%の確信はない。
くびフラグが立っちゃったか?(苦笑)
・・・もちろん帰宅時にはそれなりのホウレンソウはしておいたけど。


しかし、この社員クン。
昨日も帰りが22時ぐらいになってたり、
土曜日も出勤してたなど、総務の世間話を耳に聞いて、
本当に気の毒だと思った。

マジメないい子、という評は信用されて結構なことだけど、
クソマジメ過ぎてがんじ絡めになってるパターンじゃないのかな?と、
ちょっと不安に。

仕事の報告したとき
「この仕事、本当は自分一人でやらなきゃならないから、
ここまでやってもらっただけでも本当にありがたいです!」
とか、安堵感たっぷりに感謝されると、
・・・仕事は不真面目・それなり・アウトローでやってる自分としては、
本当に申し訳なかった!
(社会復帰へのモチベ向上のためのリハビリ目的だから、あまり力は入れたくないんだけど)


明日も午前だけはこちらの作業場って主任に言われたので、
せっかく要領もつかんできたし、自分から今日の仕事を買って出るかな?
今回はボランティア精神に目覚めたわ。さすがに。


・・・まあ慣れない、整ってない仕事に四苦八苦しても、
いつもと仕事場が違うということは、
好意と敵意の入り乱れる視線を感じずにすんだので、それでも気は楽だったが、とか、
最後に余計な一文を書いてみる。

これが、自由・・・なのね。

英語でコットンばい


今日は市議会議員選挙。

いつもは人に頼まれた候補者を応援したり、
完全中立!という名目で無投票だったりするのだけど、
今回は、ちょっと自分の意志で入れたい候補者ができたので、
選挙権を持ってから初めて、清き一票を投じてきた。

ただの1票でどこまで影響があるのかはわからないが、
あの人なら任せられる!
という強い期待を持って選挙結果を待てるのは、
いかにも選挙に参加してる感があって楽しいかもしれない。


ノーパソの新品を電機店に下見に。
・・・自分、感覚が麻痺ってたわ。
自分の稼ぎでは、とてもじゃないけど手が出ない値段。

そりゃ、そうだよな。
中古購入時の価格、5万を基準に考えてしまった。
いかにも安物っぽいのが10万であったけど、無理してそれが限度。
貧民は大人しく、中古を物色するしかないか。
(それとも信用できない中古をあえて修理するしか?)


続いて、日曜アニメの駄文です。
というか、出演声優の話かな。




【“英語でコットンばい”の続きを読む】

追いつめたぞ、ポセイダル!!


ハイハイ。
ホームにFULLの入荷はなし。
あまりに確実すぎて、ゲームとしての面白味には欠けるぐらいに予想通り。


が、細かいショックも無視して、無印アルカナにひたすら燃える。
あー、最近は土日のどちらかには絶対、対戦やってるわ。オレ。

ホームでアルカナをやるプレイヤーはほぼ決まってきて
もう、だいたい顔を覚えてしまったが(苦笑)、
この間のリリカが冴姫同キャラで入ってきたり、
前にボコられたはぁととも対戦したが、
今回はいよいよリベンジに成功!

・・・まあ、ぶっちゃけ負け数の方が多いけど、
今日は勝率2割ぐらいはあったんじゃないかな?
勝てなかった相手に勝てるようになってきた、
という努力の成果を素直に評価してほしいところ(ペ-スは週1)。


大きいのは、ネックだったコンボの安定率が上がったことと
(エリアルの『トドメの一撃』をミスって、逆転負けもあったが・・・)、
防御のイロハ、とくにガーキャン関連の攻防について詳しく頭に入れといたのだけど、
それが要所で役立ったと思う。

一時、厨行動の繰り返しに対処できずやられてたけど、
試合中に適当に動いてたら早い内にヒントが見つかり、
試しながらリベンジ戦してたら、駆け引きがしっかり発展した。

ごった煮すぎるほど細かいシステムがあるので、
問題に対する解答が出やすい、なんとかなりそうなのもこのゲームの特徴だと思う。
(怒首領蜂における、有り得ない弾幕も当たり判定の小ささでなんとかなっちゃう、って感覚かな?)


まあ、それでも相変わらず強引な押しに引っかかって負けたり、
どうも安定感には欠けるのだが、
有名人の動画でも勢いで一方的に負けちゃう試合も珍しくないし、
これはもう、そういうゲームと割り切るしかないんだろうな。

思考停止させて野性で動く、という要素も、場合によっては必要だと感じた。


あとはひたすら場数。
キャラ対策の方向性も、プレイ回数を重ねれば見えてくるだろう。
まだまだアルカナ熱は下がらない!

つか、深く理解してくるとヤバイ面白さだぞ?このゲーム。
ここ近年のハマリゲー。
(前キャン流行る前の)カプエス2→ネオコロと来て、アルカナももうカウントしていいでしょう。
いよいよ居場所が見つかった感じです。
(KOFイレブンやメルブラも惜しかったし、RB2もまだ評価途中って感じですが)


・・・話は変わって、ノーパソが壊れた(血涙)。
ブログやネットは基本的に普通のPCでやってるけど、
ノートの方も、これはこれで別の用途で使ってたんですよね。

症状について調べてみると、やはり故障か寿命の類らしい。
修理に出すか、
それとも中古で買ってから2~3年は使ったから、
買い換えてもいいとも思うけど。

やっぱり、男の子は仕事ね


↑と、め組の大吾の落合先生に言われても、
労働なんて大嫌いだけどね。・・・山崎竜二か、オレは。


わりと仲のいい後輩の正社員クンが、
「社長の段取り通りに進めてたのに、いきなり違うこと言われて鬱」
みたいなことを愚痴ってたので、
「まあ、お偉いさんの言うことなんてそんなもんだよ。ご機嫌次第」と慰めた。

この正社員クン。
最近は、自分が任された仕事でミスった(?)ようで、
トラブル処理に毎日、追われてる感じがする。
まだ21と若いので、社会経験値も少ないだろうから(人のこと言えないが)、
本当に苦労してるのがわかる。

その姿に、
仕事のレベルについていけなくなり、
毎日のようにミスして怒られ、チームの冷たい目に晒され(孤立はしなかったが)、
恐怖に体が凍り、みじめで涙が溢れ、
もがく気力すらも奪われて、そして、辞めた
・・・自分の社員時代という、苦い過去を思い出した。

今の職場は、のんびりした会社ではあるけど、
第一線に晒される正社員に、やはりトラブル処理は付き物か。
このトラブル処理さえなければ、
働くことは、もっと気楽にできるんだけどね。


対する自分は、いつもの仕事が切れてたから、
今日は初の作業場に入って、
社員の補佐やら内職という、バイト以下の作業。

部品が見つからないとか、小規模のトラブル処理は正社員が責任を負ってくれるし、
派遣社員の気楽さを謳歌できた一日・・・ではあった。


・・・でもね、社員経験は若い内に絶対しといた方がいいと思うよ。
たとえそれが失敗に終わったとしても。
それはいち敗北者としてアドバイスしておきます。

自分もまた、派遣でしばらく鍛えてから、第一線に復帰するつもりですから。
・・・経験から、リーマンは確実に無理っぽいけどな。
さて、どうしたもんかな?
(ピアノの弾けないピアニストにでもなる?)

ホームにアルカナが入荷してからまったく行かなくなったゲームコーナーに、
FULL入荷を調査に。
職場から5分程度で行けるので、チョイっとね。

無印を稼動2~3ヶ月遅れで入れたホームとは違って、
こちらは稼動日から1週間ぐらいで入荷した所。

ゆえに少しは期待していたのだけど、

「え!?ビックリたまげた門左衛門!(声:千葉繁)」

・・・FULLどころか無印さえ存在しませんでした。

嗚呼。
進化(アッパーVer=FULL)の反対は、
無進化でも退化でもなく、消滅だった・・・。


ホームへの入荷はまったく期待してないが、
まあ無印でも、冴姫ならまったく戦えないバランスじゃない(と思う)し、
アルカナハートという素材で遊べるだけで今は幸せだから、
そこまで不満も感じてない。

この連休にまた行ってくるか!

こうやってオバさんになっていくのね・・・


『ペルソナ3フェス』を昼休みに購入。

と言っても、現状ではキープ用に買ったようなもの。

逆転裁判4もまだ終わってないし、
前作もみっちりやったので、もう少し冷却期間が欲しいかな?と。

まあ、ペルソナ3はある意味、自由度が高いので、
うかつにやり始めてしまうと、
そのままずるずるやり続けてしまいそうなのが怖い、ってのもありますが。
・・・ツボにはまる人ははまると思うので、未プレイの人は、とりあえずやってみ。


そういや、『KOFネスツ編』も今日発売だったみたいですな(←ノーチェック)。
行きつけの店では『餓狼BA2』は即日完売したけど、
さて、悪名高きネスツ編はどうなることやら(苦笑)。

ちょっと前の中古ソフト大量サルベ-ジでDCのKOF99を買ったけど、
KOF99は再評価してみると、個人的には悪くないんですよね。

ケンスウなどのバグキャラがいたりとか、
致命的な欠点に隠れてしまいがちだけど、
99のゲーム部分だけ抜き出せば・・・
例えばストライカーも99程度のおとなしさなら、これはこれでアリなんじゃ?とも思うし、
緊急回避動作も、前転や避けよりも99仕様の方が好きなんだけどな。

ウィップやマキシマなどネスツ編の新キャラも、
ヘタすれば最近のKOFよりもキャラが立ってるんですよね。
うろ覚えだけど、ウィップの登場セリフ
「覚悟はいい?私はできてるけど」とか言うのはエラくかっこいいと思う。


逆転裁判は第三話の、おそらく最終法廷パートに突入。
なんか違うことばかりに時間を取られて、
進みが遅いんですよね。

しかし、アカネちゃんに、こう何度もさくさくさくさくやられると、
つい食べたくなってしまうな。

かりんとう。

・・・明日、買ってこようかな?

自動販売機を調べたときのやりとりが激萌えでした。
(かりんとう投げつけて)「お茶。」
・・・高校生時代(蘇る逆転)の素直で初々しいアカネちゃんはどこ行った(笑)。
まあ、今回のアカネちゃんも好きだが。


そして、ダイアンとバランは存在そのものが笑える。
いやあ、アクが強いわ(←そうこなくっちゃ!)。

そう思っていたときが俺にもありました


少しベンチで休んで落ち着けば・・・!
代打一発勝負ではなく、スタメン起用で3~4打席かっつりチャンスをやれば・・・
必ず、ヤツらは復活する!

・・・という淡い期待は、やはり夢であった。
もうホント、シャレにならないな、嶋、緒方の絶不調は・・・・。
悪い夢だと思うぐらいに信じられない。


本来クリーンアップを打つべき二人がこれだから、
梵3番なんて、苦肉の奇策を打ち出すしかないわけで。
(いや、奇策という概念自体は大好きだけども)

前田はやはり5番の方がゴキゲンなのかな?
3番でもそれに見合う仕事(つなぐ打撃)をこなせていたと思うが、
3番はあくまでベターであって、5番の方がやはりベストって感じもする。
(足も災難に呪われてるし・・・
つなぐために走るよりも、走者を返す打順の方が、ケガの安全保障の意味でも安心か)

それに、前田を3番にしたら代わりに5番に入れるべき栗原が、
これまた調子がよろしくない・・・と来てる。
本当に、都合良く噛み合わないな。


では、なぜか絶好調すぎる倉を3番に・・・
と、数字だけを見たら適任だけど
今の彼に余計なプレッシャーを背負わせたら、
一気に調子を狂わせる危険性もあるでしょうから、
恐怖の8番バッターのまま、気楽に打たせた方がいいのかな?
(守備面でも精神的負担の多い、捕手だしね)

まあ、今日は神(前田)にHRが出たからいいや。
最後の見逃し三振はご愛敬。
青木も、よくガンバったよな・・・。

明日は頼むぜ、広島カープ!

戦闘力たったの5か・・・ゴミめ!


いろいろなゲーム攻略メモを書き殴っていたメモ帳が終わったので、
アルカナネタだけ抜き出して、
新たに専用ノート作って整理、なんてメンドウなことを始めてしまった。

が、見直してみると、
実戦ではまるで使えなかったネタや、
もう古くて使う必要のないコンボ等がわりとたくさんあって、
それをどんどん削り取ってシェイプアップすることで、
頭の中に、現時点での最新の完成形が見えてくるのは、わりと楽しいかも。

・・・まあ、完全完成形までは、まだまだ発展途上ですけどね。


アルカナムックは、数値データがなかなか勉強になる。

例えば、アルカナセレクトによる補正は、攻撃・防御力だけでなく、
ゲージ溜め率にまでかかるとは知らなかった。

その攻撃・防御の補正にしても、
従来のアルファベット表記によるランクではなく、
正確な数値で書いてあるので、計算してみるのも面白いかも。

幸い、魔アルカナは全ての項目が平均以上に高く、
バランスが非常にいい!

他にも、
キャラ別の基本防御力や根性値の仕組み、代表的なコンボの総ダメージ量。
それから頼子のヒップサイズが89で、
ひそかに全キャラ中・最巨尻だったとか、
まったくためになる数値データばかりだ!はふん!

・・・全日本おシリ愛協会会員としては、
ぶっちゃけ、これだけで頼子の株が急上昇しましたよ。ええ。
(併せて隠れ巨乳(B84)、隠れムチプリとは、
またマニア心をくすぐりすぎるな・・・頼子(とほほ))


ま、まあ、冗談はさておき、
最大ダメージコンボはさすがに体得しなくっちゃなあ・・・
と、ため息まじりに、長々と書かれたコンボレシピをよく見てみると、
あ、他のコンボで覚えた技構成を組み合わせて応用すれば、すぐできそう!

やはりCPU戦でひたすら手と頭に馴染ませたコンボ練習はムダじゃなかったな。
よっしゃ!近い内に実践しに行っとこう!



・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・あ、そういや、今日はFULLの稼働予定日だったけか?
まあ、ウチのホームには関係のない話なので、
無印でまだまだガンバリマス。

トキにもこのはにも、カカトループにだって、泣かないぜ!うう、ぐすっ(血涙)。

いっくよー!いっくよー!いっくよー!


結局、アルカナムック買ってしまった。

続編製作も決定したことだし、
新世代格闘の入り口としては、確実に自分を掴んだ作品だと思うので、
このシリーズは初代からみっちりやろうと思い、将来も考えて購入を決意。

でもパラ見したところ、
攻略よりもむしろファンブックに傾いてる気もするが・・・、
まあ技データ集が載ってるだけマシか。


ゲーム自体もプレイしに行く。

1週間のインターバルがあったはずだが、
いよいよ練習の成果が出てきたのか、低ダループの成功率が飛躍的に上がっていた!
できるようになってくると、爽快で楽しい~!


対戦はリリカとガチ。
(つか、不快なレバガチャ音の大きさからいつもと同じ人っぽいが・・・)

初戦は3本ストレート負けだったものの、どれもあと一息だから諦めきれず。
後の試合では、1本ぐらいは取れるようになってきたけど、
試合を重ねる内に徐々に差が開きはじめて・・・結局、5連敗。
相手の方が上手と認めざるを得ないか。

アルカナ独自の立ち回りを闘劇魂で予習しといただけに、
さすがにいらないダメージを喰らいすぎてなぶり殺されることはなくなったものの、
総括すると、とくに発生の早い屈A(からのカカトループ)だけにやられたって感じ。

普通の立ち回りではこちらの屈Cで潰せることがわかったので問題ないが、
ラッシュ時の暴れで喰らいすぎて・・・。
(今日の課題が、よりにもよって起き攻めパターンを対戦で試すことだったので・・・暴れで引っかかりまくって、ス、ストレスが)
あ、相手がしゃがむということは、射程外からの昇りフラガも鍵になるか?
今度やってみよう。


しかし、選択ミスしてしまった初プレイのはぁとと、
ずっと使い続けてきた冴姫の戦績がほぼ同じだったのは、さすがにヘコんだ・・・。
俺の冴姫、弱え・・・。

ビックリビクラッキー、カモーン!


巨人に続いて、まさか中日戦でも初戦(だけ?)を取るとは・・・。

梵のヤケクソHRはもちろん、
前田にもいよいよ本塁打が飛び出し、
(前田神は、あくまでつなぎ前提のバッティングをしてるように思えるから、HR数は気にしてないけどね)、
カープ打線も主力の調子が上がってきて、
ようやく始まった感じだな。よしよし。


しかし、そんな上昇気流の中でも、嶋と緒方のブレーキぶりは深刻。
例えば不調の嶋とエンジンかかり気味の栗原の打順を入れ替えるとか、
どんどん打線をいじった方がいいと思うな。


で、意外な台風の目が、キャッチャーの倉(笑)。
なんというか、倉じゃあ仕方ないとか、
正直、全く期待も注目もしてないバッターなのだけど、
密かに打率.382の大活躍。

未だに信じられないが、
たとえラッキーが続いているだけだとしでも、この活躍には拍手したいね。

いや、ひょっとしたら、これが今年の倉の実力なのか!?

期待しちゃってもいいかな!?

倉ッ!!

特徴がないのが特徴か


逆転裁判4、第二話までクリア。

一日中やってたわけでもないのだが、
感覚的に凄まじいボリュームを感じるなあ。

ただ厳しいことを言うと、
第二話終了までで、今のところ大きなカタルシスは感じてない。
・・・悪くはないんだけどね。
シナリオのレベルが落ちたのか、自分の目が肥えてしまったのか、
それはわからないけど・・・まあ、最後までは普通にやれるでしょう。


わからないっって言えば、
アニメのブルードラゴンのマイ評価があまりにも中立。
録画を切る気もないけど、とくに先が楽しみってほどでもない、
本当に奇妙な感じ。

ここまでピタリ50点の位置にいるアニメも珍しいわ。
とりあえず、今後の展開を観ないとなんとも言えない、評価保留状態な作品です。
・・・というか、ブーケ待ちかな。

あれこれ考える前に、まずやってみる!


モチベが高まらなかったのでプレイするつもりはなかったけど、
餓狼BA2の通信対戦事情を、久々にのぞきに行く。

主な目的はランキング(=プレイ状況)の視察。
・・・いや、あれだね。
ちょっと行かない間に、全体的に試合数がとんでもないことになってたね。
完全にウラシマ効果だね。

で、200勝未満で1000敗してるような人もちらほらいたのだけど、
この方々については嘲ることは決してなく、素直に感動してしまった。

よくここまで心折れずに続けてこれたな、と。
そのガッツに、負けず嫌いですぐダメージを負いすぎる自分は教えられました。
餓狼に限らず、俺もガンバロウ。

そう自分も、別に完全撤退したわけではないので、
いずれ、キチンとした形で戻ってきますです。
・・・でも今は、法廷で戦わせて下さい。


といいつつ、この二連休のうちにアルカナをやりたい。

とりあえず『荒らし』の強化が今回の課題。
魔サキの起き攻めを11通り(11択、とまでは言えない)整理してみたのだけど、
それがどこまで効果が出るか、実践したいんですよね。

目玉商品は、アルカデで攻略されていた、至近距離昇りCフラガ。
めくり中段ダウン技、とかいって、
95ケンスウ並のデタラメな性能がいい。
これで奇襲→ダウン→毒追い打ち、の頻度が上がれば、
魔アルカナを信じ続けた意味があるというモノだが・・・?

ただ、『荒らし』だけでは運ゲーの域を出ないので、
この段階はまだ通過点だと自覚してはおりますが。
まあ、マイペースで気楽にやりますよ。


逆転裁判4は第二話、法廷パートの第一戦が終了、といったところ。
一日1時間もできないと言われたりょうさんよりも遅れてるかも?(苦笑)

みぬきのウキウキ待機ポーズ(ぴょんぴょん跳ねるヤツ)におじさんはやられた。
帰ってきた茜ちゃん(←高校生時代も好き)もいいですねー!

漁らないんですか?ゴミ箱


逆転裁判4、第1話を一気にクリアしてしまいました。


いやあ、さすがに相変わらずの熱中度。
やり始めたら止まらねえのなんのって!

法廷バトルで、
証拠品を受理した瞬間、話も聞かずにさっそく開いては、
くまなく違和感を探してる自分。

尋問パート前の、白字の証言の時点でウソを発見したら、
思わずニヤリとしてしまう自分!

戻ってきたよ!ナルホドくんだけでなく、
自分自身が、この法廷に!
という、懐かしくも慣れ親しんだこの感覚!たまらないッ!!


しかし過去シリーズの第一話って、
たいていが入門用シナリオですぐに終わってしまうのだけど、
今回はそれなりに長く、のっけからガチですな。
『ツカミ』としては、もう飛ばしすぎ!ってぐらいに盛り込んできております。


それにしても、帰ってきたナルホドくんは惚れる。
今回の渋さを堪能した後に、
過去シリーズの彼の姿を思い浮かべると、どうあがいても笑えてしまう。
いや、昔も頑張ってるはずなんだけどなあ。

・・・まあ、ナルホドくんが輝きすぎてる分、
オドロキくんの影がかなり薄くなってしまうのが難点だが、
彼の真価はこれから、みぬきちゃんとのコンビを結成してからでしょう!

ぐおおお!早く続きがやりてえ!!!!
会社休むぞ、こらーー!!(ウソだよ)



<その他の話題>

TVの裏で死角になっていたコンセントの先が溶けてて、
そのまま気付かないでいたら、ひょっとしたら火事寸前だった。
見えない災害の恐怖、みなさんもお気を付けください。

アルカナ続編、制作決定!!
・・・なんか、この日輪の力すらも恐れぬ見切り発車には、
ある種の爽快感すら感じるが、
とりあえず新キャラは、
高飛車お嬢様、保健委員でナースルックで・・・とか、
属性パーツの組み合わせだけで妄・・・予想が立てられるのが面白いと思います。
冴姫、使用続投でもいいけど。


今日の広島カープ。
(実際には観てないけど)、巨人側ベンチの水道管破裂って、
もうネタ劇場はいいってば!(笑)

(その疑惑判定に)異議あり!!


広島×巨人の3戦目は、どうやら地上波放映がないっぽいですね。
世間でも俺の『意図せずにマイノリティ趣味』は、隔離されんのかい・・・。


昨日の、あからさまなひいきジャッジは腹が立ったけど、
しっかり巨人に土を付けてくれて、試合自体は本当に爽快だった。

・・・しっかし、ブラウン劇場はガチで笑えますな。
つい、次回作(?)も期待してしまうわ。

実際に画面で観たのは昨日が初だけど、
新井さんもすっかり4番の貫禄が出て、成績も好調!
金本が移籍したときは、広島の4番は終わった・・・とも思ったけど、
いやいや、もう4番新井LOVE、ですよ!

俺の水島vsプロ野球の4番は、ドカベンでもあぶさんでもなく、
永遠に新井さんなんだぜ!(ホームゲーセンからもう消えたけどな!)



さて、明日は『逆転裁判4』、ついに開廷!
ユーザーのみんな、熱いハートに弁護士バッチはもう付けたよな!?(←カプコンの回し者か)

合い言葉は、「いよいよ始まる、俺の法廷が・・・!」
また、熱いドラマに期待しませう。
大人になった冥の復帰にも期待!!(注:夢だよ、俺の)


・・・逆転裁判記事を書くのなら、
ネタバレには細心の注意を払うことをお約束します(笑)。

翼はユメ。そしてそらへ!


カレイドスター・・・。

自分にとっては、8万(定価10万)の大枚をはたいて
DVD-BOXを購入してしまったほどの神アニメである。
(いや、さすがに悩みに悩んだけどね・・・)

そのカレイドの続編を漫画でやっていたとは、うかつにも知らなかった。
・・・ぶっちゃけ絵は微妙だがな。

設定は、最近はやりのⅡ世モノ。
と言っても、本作は定番の親子設定ではなく、
前作主人公そらの妹・ゆめのお話。
アニメ本編では、まだ生まれたての赤ちゃんだったのだ。


しかし、前作をきれいにリスペクトしたまま終わった作品には、
その後を描かれると夢を砕かれてしまうような強い不安があるのも、
またファン心理としての宿命。
カレイドメンバーは全員、愛してるだけに、
その一人、ミアが既婚とか凹んだ・・・。


けどまあ、監督以下スタッフのもと、
公式でやられちゃったらこれが正真正銘の続編だと、受け入れるしかない。
あの夢の続きを見るのか、見ないのかは・・・自由だー!!
なんて選択権だって、ファンにはあるわけだしね。

・・・さて、自分はどうしようか?


今夜はTVドラマ『セクシーボイスアンドロボ』を視聴する予定。
松山ケンイチが(スーパー?)ロボットヲタクって設定の時点で観るしかないでしょ!

広島カープの試合も地上波初登場で楽しみだが、
正直、今年の巨人には勝てる気しない・・・(苦笑)。
せめて15点以上は取られるなよ。

デンジャラス・ボウイ


公私に渡って喜怒哀楽でいろいろあるから、
脳内にもいろいろな情報が混線して、なんか変な感じ。
脳がフル回転で空回ってる、っていうか。
気持ち悪い。

つい遊んじゃって時間を削ったがゆえの、睡眠不足も関係するのかも?
脳を休めるために、落ち着くために・・・
この世の全てをイデオンガンで因果地平の彼方に吹き飛ばして!!
・・・いや、早く寝よ。

ペイ!BUYーMAX、発動!!(レディ!)


えー、今日のハヤテの次回予告「赤い獅子が吼えるぜ!」は、
獣神ライガーの予告パロです。
・・・タイムリー過ぎないか?DVD購入したばかりの自分的には。

しかし、グレンラガン→鬼太郎、と、今期の日曜朝は特濃すぎる!
ビックリマンも面白かったしね。
もう、朝起きてから11時ぐらいまで、ずっと(録画視聴含む)アニメ見通しだもの(苦笑)。
いいのかしら?これで。


21070.jpg

特濃・・・

21136.jpg

・・・すぎる。


11時過ぎ、貯金下ろしてその足で中古ショップへ。
『KOF2000』を買おうとして、これは売ってなかったけど、
ファミコン、スーファミ、サターン、DC、ネオジオの中古等が30~50%OFFで
在庫処分セールやってた。


ご、ごくり・・・。


理性のタガは、外れた。


購入商品の内訳、見てみます?↓




【“ペイ!BUYーMAX、発動!!(レディ!)”の続きを読む】

格闘ゲーム熱、再燃!


ホームのゲーセンに行く。

○KOF2002

98のモチベ向上=KOFのモチベ向上に繋がったので、2002を再開。
それでもガチでやるつもりはないが・・・。

ラルフからウィップにコンバートしての初対戦。
そう、初対戦のはずだけど、ウィップがもっとも安定して活躍する(苦笑)。

・・・ああ、もう確実にキャラ性能>プレイヤー性能、って感じ。
強キャラ使った立場から見ても、
やっぱキャラバランス悪いな、このゲーム(とほほ)。


○アルカナ

よっしゃー!3本先取制に変更になってた。
CPUの難度も明らかに上がってるようでいい感じだ。
これからアルカナも真にやりこめるかも?

FULLはまず入荷しないだろうけど、
無印でも充分、楽しめてるので、まあよし。

魔サキで構想ネタを実際に検証。
昇りフラガ→ミルワール空地入れ替え→即、3C(空ガ不能・エリアル始動)の連携を試すが、距離が離れすぎて無理だった。
ミルワールの使用法は、もうちょっと研究したい。

フィオナが乱入してくる。
2対2の1ドット勝負をなんとか制するが、リベンジ乱入のはぁと(この前と同じ人とかも?)にボコられ。2連敗で止め。

相変わらずの自分のコンボ能力、防御能力の低さに泣く。
本当に1ドット、2ドットの接戦は多く、
コンボの得失点差で負けてるのはよく自覚しております。
3本先取制で対戦率も上がるだろうから、緊急にコンボ精度を上げなくては。

後者は、たしかにガードしづらいゲームだけど、喰らわなくていい打撃を喰らいすぎてるな。
待ちのセンスも要精進(別ゲーでも言えることだが)。


うーむ、闘劇魂を今回はなにげなくのつもりで買ったものの、
上級者動画は見事に格闘ゲーム熱を上げてしまった模様。

今夜は久々、BA2にも顔を出してみようかな?
あくまでRB2をメインにするけど、
初代への参戦も考えてもいいかも(練習してからね)。
・・・あ、でも、今週は寝不足だから早寝した方がいいかな?

まあ単純に、格闘ゲームがやりたくて仕方がないっす。


それと、アニメのメジャーが神回だった。

桜木花道・・・いや藤井の、草尾毅の咆吼!
佳奈様@美保の、久々の出番・・・いや、見せ場!!
気持ちがわかり過ぎるキャラクター心理の推移!
友と好敵手との、絆の物語!!

こ、こいつは泣ける!

妥協不能点はここだ!!


RB2のジョーを研究した後に98のジョーをやると、
それぞれのゲームで、ふと納得できない不快感を感じることがある。

そう、ジョーは登場シリーズこそ多いものの、
作品によってオールラウンダーやらラッシュ系やら、
コンセプトがすぐに変えられてしまうので、
他のゲームで面白かったことが違う作品で封じられてしまうことが非常に多い。

そう、このキャラには定番パターンがないんです。


歴代のジョーの性能で、明らかにストレスを感じたのが次の数点。

○スライディングが飛び道具を潜らない(RB2、カプエス)
○スライディングでダウンしない(KOF2002など)

○爆裂拳がない(餓狼3、カプエスPRO)
○爆裂拳が百裂技でない(KOF96以降)

○避け攻撃がスウェーキックではない(餓狼3、KOF95、カプエス2)
つーか、あのバックブローの使えなさは有り得ない。


妥協できないのはこの辺かな(あとは恒例の、投げ→至近距離・強スラッシュ暴発)。
イコール上記の点をクリアしてることこそが、
自分がジョーでとくに面白いと思っている部分なのだと思う。
通常技の性能や、意外にもハリケーンアッパーにそこまでこだわりはなかった。(RB2の爆裂ハリケーンとか面白いけどね)


個人的にベストは、
RB2はスライディングが飛び道具を潜れさえすれば推せたのだが、
やはり餓狼SP仕様か。

たしかに歩き弱P連打は寒いが、
前述のポイントを全てクリアしてる上に、痒いところまで手が届いている通常技群が面白く、
どの距離でも戦え、どの距離でも楽しいオールラウンダーっぷりは見事。
ライン飛ばし攻撃のニールキックの存在も大きいんだよなあ。


あ、でも、いくら条件を満たしていても、
98の裏ジョーはさすがに使えないかな・・・。
さすがにそこまでマゾにはなれん。

久々にKOF98


闘劇魂・最新号のKOF98動画を観てたら熱くなって、
久々にドリキャス引っ張り出してやっちまったぜ。

うーむ、改めてやるとゲームバランス、演出、共に最高で、
よくぞここまで作った!って、感動すらしちまった。
(BGMにサイコソルジャーのテーマは欲しかったけどね)
・・・もう、KOFは98だけやってりゃいいや(苦笑)。

しかし、最近はアルカナ、RB2(・・・これもずいぶんやってないが。つーか某氏が風邪治ってからまったくやる気ね(以下、検閲))と、
シングル戦のゲームしかやってなかったものだから、
チーム戦術の面白さがまた、新鮮に感じてたまらない。

いよいよ開幕されたプロ野球にも入れ込んで感化されてるから、
ちょうど監督プレイに飢えてたんですよね。
自分のKOFのツボは、間違いなくこの監督視点だと再認識。


チームは、魂のキャラ・アテナとジョーは固定として、
趣味とチームバランスで考えたら、ラルフが適任。
98は投げキャラが強いらしいので、やはり一人は欲しい(アテナも投げキャラ?)。

新作のアルティメットでは香澄が来ると予想するけど、
彼女も都合のいいことに立ち回り&投げキャラ属性なので、
ラルフとの比較・検証、チーム構想が楽しくなりそうです。

ラルフが攻め、香澄が守りの立ち回りキャラ、
って違いになりそうかな?

超合筋ニューZのこのボディ!!


とりあえず、結果を知って凹む前に記す(笑)。

いやあ、今夜のK-1MAX。
Kのリングに帰ってきますねー!

武田幸三!

誰が待たなくても、ボクはずっと!待ってた!!(ジョナサン調)


まあ、武田の信念、
『一撃必殺KO命』で、まずお客さんを満足させる試合をする。
これこそが男・武田たるゆえんではあるけど、
そろそろ勝ってほしいな、と。

いつも変なことにこだわりすぎて、
勝ち試合ですら一撃喰らって逆転KO負け、
という有様を繰り返されると、気持ちの萎えっぷりが凄まじいのですよ。

いや、武田の生き様にはたしかに惚れるんだけど、
やはり負け続けられると虚しい、というのもまたファン心理。
・・・難しいところですが。


頼むぞ!武田幸三!!

俺は信じる!

今日こそ!

勝ってくれ!!




・・・広島カープもな(涙)。

崖っぷち


中学(←義務)以来の丸坊主にしてみた(笑)。

・・・まあ、ワケありの決断なんだけど、
桜木花道や金田ショウタロウと同じ頭と考えれば、それなりにいい気持ち。
開き直った分、妙な気合も入るしね。


『逆転イッパツマン』は前半戦最終エピの、「シリーズ初!悪が勝つ!!」まで視聴。

と言っても、お馴染み三悪がイッパツマンを倒したわけでなく、
決まり手は本作の真の巨悪、隠球四郎によるダイヤモンド弾丸の狙撃であった
(三悪は手柄を勘違い)。
どうやら、ここらへんからシリアス路線に入っていく予感。

しかし、イッパツマンの正体は生身の人間・豪?

という先入観を持たせるよう、序盤から罠を敷いてきたものの、
最近では、

実は、イッパツマンという『サイボーグボディ』に豪の意識を移しているのかも?

と、真の正体をぼやけさせてきたところで、
またまた逆に、
狙撃されたイッパツマンの傷口から、生身の血(のようなもの?)が流れるのは、非常に巧い構成だと思った。

そして、無敵が、正義が、脆くも崩れ去るショッキングな展開。
夢でも幻でもなく、イッパツマンは現実に消滅してしまったのだ。

物語のターニングポイントだけでなく、
シリーズのタブーさえ打ち破ってしまった記念碑的な1話。
当然、作画、演出は入魂の力が入っている。

こりゃ、ちょっとした神回ですよ!?

彼女最終兵器


どちらと結婚しますか?

 ビアンカ
 フローラ

 ビアンカ
→フロ-ラ


ビアンカがとつぜん泣きだした。

ジブラボはのろわれてしまった。


・・・しょうがねえか。
ビアンカ選ぶよ。これ、やられちゃあさ。男としては。
人を散々、苦しめた挙げ句、イデを発動させやがって、まったく。

心折られるほどにツンデレ。
ガードの固さはスカラ使ったはぐれメタル以上、
だけど・・・やるさ。

検さーく!


4月1日。エイプリルフール。
全国の女子が公式設定でツンデレになる日ですね。
・・・自分はエブリデイフールだがな。

さて、新アニメ感想の第一報はこんな感じです。

○グレンラガン

アイマスに続き、MR.ドリラーもロボットアニメになりました(注:4月1日)。

てか、ガチで面白いな、オイ!俺、カミナの兄貴についていくよ!
スパロボでワタルと共に戦ってくれることに期待。
しかしまあ・・・日曜の朝からここまでエロくていいのかしら。
しょこたんの主題歌もうまかったと思う。

・・・えー、ということで、さらばプリキュア。

○鬼太郎

あまりに安定。安心。ハズレなし。
鬼太郎達が罪を犯した人間の子供に厳しいのがいいっす。
怪奇色を前面に押し出した演出も○。

○ハヤテ

ツンデレお嬢の釘宮、田中理恵のWパンチは想像以上のオーラ力でした。
↑タイトルのCMのセリフはガード不能。

未登場キャラで、グレーのおかっぱ娘が気に入ったけど、
調べてみたら、ひょっとしてあれが佳奈様キャラ!?ひゃっほー!


そして、獣神ライガーのDVDを第二話まで観てみた。
神代姉妹、リュウ・ドルク、ファイヤーライガー変身など、
ライガーの基礎設定が一通りそろうところまで。


【“検さーく!”の続きを読む】

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム |

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。