スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・選べ


一日早いですが、先走りでプロフィール12月分を更新。

というわけで、
『マルチメディア大賞』の作成をちびちびと開始するので、
しばらくブログ更新ペースを落とすかも?
いや、そんなに大掛かりにはしないつもりですけど。

・・・まあ、単純にネタがなかったり、
あまりにもくだらない話題ばかり、という側面もありますが。


あと、私事で12月はいろいろ忙しくなりそう
・・・というか、自発的に忙しくしなくてはならないので、
ブログはできるかぎり手を抜こうと考えています。
・・・いいのか?手抜きを公言して(苦笑)。


ちなみにマルメデ大賞の選考対象作品は2006年スタートのもの限定としたので、
ネオコロやガイキングなどは、泣く泣く対象外にしました。
だから、この場に書いておきます(苦笑)。


では、今月もよろしくおねがい師走。


【“・・・選べ”の続きを読む】
スポンサーサイト

俺と一緒に・・・地獄に行こうぜェェェェ!!


ポケモンパール、ラストバトル!!

敵ルカリオ「はどうだん!!」
ユンゲラー残りHP2
ルカリオ「!」
ユンゲラー「ニヤリ。フッ、計算通りだ。俺のターン!サイケこうせん!!」
敵ルカリオ「ぐわあああああ!!!」
ユンゲラー「・・・あとは頼むぜ・・・みんな」


敵ロズレイド「じしん!!」
エンペルト残HP5
敵ロズレイド「・・・・な!?あ、あああ・・・」
エンペルト「運命ってのは、ヘっ・・・いつも皮肉なもんさ。ドリルくちばし!!」
敵ロズレイド「うわあああ!!だからドリルはやめろって言ったんだー!!」
エンペルト「紙一重だったぜ・・・がくっ」


ラスボス(ネタバレせんように、探偵マンガの犯人みたいな黒シルエットイメージで)
「・・・残る手札は一枚。
ここまでおいつめられたのはいついらいか。だが、まだ終わりではない!!」
ヒカリ「・・・いや、もう終わったんだよ。あんたの、負けさ」
ラスボス「うぬぼれるな小娘!私の最後の切り札、出ませい!!ミロカロス!!」
ヒカリ「・・・ジョーカーは・・・死神は私に微笑んだのさ。
・・・これで、THE・ENDだ。」
ラスボス「?・・・ふっふっふ、今さらそんな瀕死(HP11)のゴーストが出てきたところでなんになる?」

ヒカリ「・・・『みちづれ』・・・」

ラスボス
「うわああああああ!!
・・・・って、あ?・・・な、なんともないじゃないか!脅かしやがって。
ミロカロス!その死に損ないのゴーストを屠ってしまえ!!」

ヒカリ「儞已經死了(ニイイチンスラ)」
ラスボス「は?」
ヒカリ「お前はもう・・・死んでいる」

テーレッテー♪

ラスボス「あぁぁぁ・いぃぃぃぃ・たぁぁぁぁぁ!!」

テレテレテーテ♪テーレテレテテテテー♪テレテーテテテー・・・


というわけで、最後は相打ちOKの自爆技でセコくポケモンリーグのチャンピオンに輝きました!!
いやいや、これも戦術さ。

これでとうとうクリア!?と思いきや、
セーブデータをリスタートしてみると、なにやら新たな冒険が始まるらしいですよ!?

クロノスチェンジ!


『アルカナハート』のアルカナの能力補正一覧表。

属性 攻撃 防御 ???
 水 B  A  ○/○/○
 火 S  C  ○/○/○
 風 A+  D  ○/○/○
 魔 A  B  ○/○/○
 愛 A  A  ○/○/○
 雷 A+  C  ○/○/○
 土 B  S  ○/○/×
 時 B  D  ○/○/○
 樹 A  D  ○/○/○
 闇 A  B  ○/○/○


高速移動技を持つ『時』を研究する予定だったけど、この防御力の低下ぶりは、さていかがなものか?

自分のアルカナ選択の最優先目的は、
「テレポート系アルカナで補佐して、直線的な冴姫をトリッキーに動かしたい」というものなので、
それならばワープを持つ上に、補正の影響が少ない『魔』の方がよいかな?
しかも『魔』は、相手と自分の位置を入れ替えるワープ技が熱すぎて、非常に研究意欲をそそるのだ!

『火』のストレートな超火力補正も魅力的ですね。
技だけでなく、この能力補正値で使用アルカナを検証するのも面白いと思います。
まあ、アルカナは試合ごとに変更できるので、相手に合わせて変えるのもアリだと思いますけど。


アルカナネタといえば、今さらだけど、
公式HPのキャラクタープロフィールの、
現住所欄が笑える。
このはの住所はもはや伝説になってるし。

ところでリリカは、麻布住まいなんだよなあ。
ええ、高級住宅街の麻布。
・・・つーことは、だ。うん。
この設定だけで、やや使いたい気になったのは私だけだろうか?

頼子の弱キャラっぷりも惹かれるんだよねえ。
・・・い、いや、性能の話ですよ。ひ弱っ娘萌えじゃなくて。

ちなみにサブキャラ第一候補=はぁと説は、すでになかったことに(笑)。

声バトン


YUSAさんのところから拾って来ちゃいました。

・・・だってオラは声ヲタだから・・・。


【“声バトン”の続きを読む】

手を動かせばラッキーに当たるんだ


・・・やらなくてはいけないことがあるんだけど、
平日はもちろん、自由に時間が使える休日もダラダラと過ごしてしまい、全然、進んでいない。
戒めのために、朝のうちにこれを書いて、これから一日の気合を入れるとしますか。
12月を遊ぶために、今を犠牲にしなくては!


『バーテンダー』が、消えてしまった大人の情熱の行方を見つけてくれては、
続く『祝ビックリマン』のゲンキに、不屈でがむしゃらな元気(ポジティブ・シンキング)の正しさを教えられる。
アニメがやる気に、がんばる気にさせてくれた・・・
って過程は情けないが、結果オーライだ。

前者は『蒼天の拳』に続いて、東方先生こと秋元洋介さん登場(笑)
今川アニメ(ではないが)と言えば、やはりこの人。

後者は、次回アリババ登場!
そして、今まで顔見せした若神子が総登場だ!ビッグラッキー☆
ウッシー(牛若天使)は口内炎が治って、今度こそしゃべるのだろうな(笑)。

バーテンダーはDVDを、ビックリマンは主題歌が欲しくなってきている。


up153147.jpg

せっかくの揃い踏みなのに、この扱いはないだろう(苦笑)。

知恵と工夫で勝負だ!


フジハラさんのネオコロ動画、更新。

今回は、富山アミューズランド・ガディスさんで行われた富山大会の模様。
見てるだけで熱くなる、非常にシャープ&アグレッシブな叩き合いが繰り広げられております。

ポイントとしては、爆裂究極拳、超・衝波(かめはめ波)などキャンセルをかけてもコンボにならない超必を、
あえてキャンセルで使用して効果を上げているところでしょうか。

工夫すれば、使いどころではない場面でも、しっかり生かすことができる。
そう、アテナの波乗り超必も工夫すれば!
・・・・いや、あれは、ないな。ない。

KAI・KAN触れーず?


・・・あれ?マシンガンぶっ放して「快・感」は?

と言いつつ、あの流れで「快・感」はウソ、
というか、雰囲気を壊すのでやってほしくないとも思ったわけで。

いや、でも「快・感」で再び大笑いするためにこのドラマを見続けてきた言っても過言ではないし。

・・・うーん、しかし「快・感」削除は旧作の七光りに縛られない、
新作オリジナルで勝負ゆえの魂の英断と取ってしまってもいいのだが・・・。

いやいや、やはり「快・感」を聴けなかったのはすっきりしないというか。

まあ、そんな感じの、後味の微妙な最終回でした。
『セーラー服と機関銃』。


(TVで観た)旧・薬師丸版の同名映画は、
間違いなく傑作!と言えるほど響いたのだけど、
本作はダメというわけではないが・・・足りなかったな、やっぱ。

Gyu!


アルカディア次号表紙

なぜアルカディアは、ときどき購買者に余計な試練を与えるのか!?
・・・と、冴姫の表情に鼻血を流しながら訴えるのであった。

あの『エグゼリカ』のときより買い辛え・・・。

お前が一度に十発のパンチを打つのなら、俺は十体のガンダムになって受け止める!


昨夜もネオコロでガチれた。
あまり面識のない人で、かつ多数のキャラを使う人なので、
非常に新鮮で面白い。
・・・他人が使うアテナは強いな(苦笑)。


しかし、初見のはずの相手なのに、
必殺ビキニスパーク!とか言って全然、利かねえでやんの(苦笑)。

実は相手をある状態にしとかないと仕掛けられないのですが、
中には天然で、スパークを仕掛けにいけない状態を作る人もいるのです。

で、対策としてビキニスパークを仕掛けるための布石(←ビキニリベンジャー?)も開発してあるのだけど、
これはおそらくキャラ限・・・(ほたるとか利かないし)。
つまり、たったひとつの行動でビキニスパークは破られてしまうわけだ(血涙)。


とはいえ一度は決まった(ウソ。入力ミスで未遂)ので、
まだ死に技にはならないだろう。
他の連携と組み合わせて、ここぞという時に使っていけば、必ず活かせるはず。
もう少し、信じてやってみよう。

ミルコ・クロコップの必殺の左ハイキックは、
布石に布石を重ねているからこそ、わかっていても喰らってしまうのだという。
自分も布石の段階から洗い直し、まだまだ発展させなければ!


(↓追記。トレーニング後)



【“お前が一度に十発のパンチを打つのなら、俺は十体のガンダムになって受け止める!”の続きを読む】

ダメでもっともっと!


・・・ホッ、わんこは無事、救助されたようだな。ひと安心。
仕事行く前に気になってしかたがなかったわ。


もうひとつ気にしていたのは、スパロボファンにとってはお馴染み、
毎水曜日は祭り開催予定日。
本当は、スパロボDSでワタルやリューナイトの異世界ファンンタジー祭り!!(注:妄想です)なんて盛り上がりたかったけど、
・・・今日も、今日も新着情報はないのか!?DSは!!
と、いうわけでポケモンの話でお茶を濁そうと思います。



【“ダメでもっともっと!”の続きを読む】

加速そーーーち!


アルカナの最終ロケテで、
オミットされていた残りのアルカナが解禁されたようですね。

自分は高速移動orワープがある時点で、『時』か『魔』に決定!
今のところ『時』の方が優先度は高いかな?
アルカナブレイズがザ・ワールドだし。


某所で動画を観たけど、
ホーミングゲージの回復スピードが極端に落ちてた気がする。
前のロケテではホーミング行動はガンガン使っても構わないぐらいだったけど、
今後はきちんと使いどころを見定めなくてはならないようだ。

あと、きら様が『時』アルカナをセレクトして、
高速移動からスクリューを決めまくっていたけど、
アルカナセレクトの利点の典型例だと思う。

機動力がなければ、高速移動を付ければいいじゃない。
なんてマリー・アントワネット的な考え方がまかり通るゲームなんだ(笑)。


いやあ、本稼働スッゲー楽しみ!
・・・まあ、ホームに入荷は期待してないけどさ。

フレイムソードで、イチコロよ!


昨夜はネオコロに人がそこそこ集まっていて、久々にオンライン対戦がかっつりできて満足!(2時間ぐらいだけど)
この奇跡との遭遇のためだけに、MMBBを継続する価値はある。
メルトンさんも対戦どうもでした!


今までとくに欲求不満だったのは、
アテナ王女の最新ネタを考えても、それをなかなか試す機会がなかったこと。
必殺のビキニスパーク
(キン肉マンのマッスルスパーク(スグル版~+アタル版~)の痛いもじり)
がどこまで実戦で通用するか、いろいろな対戦で実験してみたかったのだ。



【“フレイムソードで、イチコロよ!”の続きを読む】

くるくるパーマ


正田スミレ

『学園アリス』にはまったくの予備知識なしで入ったから、
OPアニメで高笑いしている、いかにもな高飛車っ娘な彼女には期待していたのだけど、
いざフタを開けてみると、脇役の脇役、という微妙な位置。

蜜柑に難癖つけたり、棗の追っかけをやっているだけの引き立て役。
つまりオプションパーツレベルのキャラクターで、
今までは、ただ嫌な子という記号、の印象しかなかった。
・・・のだけど、学園祭編に入ったら何、いきなり始まってるの?

誘拐された棗を追って、主役の蜜柑と二人で学園を飛び出す!
そう、ただのオプションパーツだった彼女が、
ここに来て突然、ストーリーの主役格になっていくのだ。

スポットライトが当たれば、当然、彼女の内面性、人間像も見えてくる。
これでようやくスミレを好きになれたよ。


さてもうひとつ。
ここまで、なにげなくオミットされてきたスミレのアリス。
それは、犬猫の体質を発揮できるという能力だった。
その能力の影響か、顔にちゃっかりネコ(イヌ?)ミミとヒゲが生える、という萌え属性まで装備。

脇役の脇役が、ここまでの隠し玉を持たされ、隠されて続けてきたとは、
これは、どーいう秘密兵器ですか!?(笑)
・・・でも、ミニスカ制服で四つ足歩行はやめようね。



話は変わって、CDドラマの『脳噛ネウロ』を購入。
完全オリジナルストーリーだが、脚本が原作のツボをよく心得ているし、
弥子(=佳奈様)をはじめとするキャストもハズレなし、とおおむね満足。
牛肉プリンって(笑)。

・・・あ、能登さんファンも、いろんな意味で必聴かと。鳥海さんファンもかな?

お父様には内緒よ


やっぱダメなんだよ、ゲーセン行かなきゃあ。
おウチでぬるま湯につかってゲームなんて、ストレスの解消にはならない。
闘争心を沸き立てる戦場が必要なんだよ、戦場が!!

・・・と、いうわけで積もり積もった鬱憤を晴らすべく、
やる物のなくなったホームのゲーセンに突撃!
ない、ないと後ろ向きな泣き言を言っても始まらないので、
ギルティの青リロと鉄拳5DRを今さらデビューしてみた。


仕事帰り、金曜の夜に行ったってKOF勢が2002の部活をやっているだけ・・・という過疎っぷりだが、
これは逆に、遅咲きデビューする立場としてはありがたいことである。
いや、鉄拳は高校生が部活やってるけどね。18時頃で帰っちゃうけど。



【“お父様には内緒よ”の続きを読む】

命・・・


DVDのゲッターG、楽しく観ています。
これからもスパロボで、ゲッターは一軍として空を駆けるでしょう。
マンガ版の『ゲッターロボ號』は、多感な時期に出会って非常に衝撃を受けた偉大なる作品でした。
これからもずっと、私のバイブルとなるでしょう。

ゲッター関連しかつながりの無かったにわかファンでも、
恥を忍んで言わせていただきます。

・・・石川賢先生、安らかにお眠りください。

愛です!


広島カープにとって、おめでたい話題がいくつか出てきましたね。

まず梵が新人賞。
序盤の目を疑うような不振ぶりから考えると、まるで夢のようだわ。
二年目のジンクスに飲まれず、来期もガンバレー!!

そして、エース黒田がFA権を使わず、残留。
・・・ああ、あなたは神だ。
あなたの友情は、カープ愛は本物だ!!
ありがとう!本当にありがとう!!


しかし、今シーズンも終わってみれば定位置の順位でしたね。
まあ終盤は、主力選手がこぞっと抜けたり、緒方が開幕からまさかの不調だったりと、逆境過ぎたってのも原因ではありますが。

チーム力はけっして悪くはないのだけど、
それでも勝てないのなら、
プラスアルファとして序盤戦のようなブラウン監督の大胆奇策を、
また突き進めてもらいたいところです。

そう、打順を戻したら、得点力はたしかに上がったけれど、
元に戻っただけでは結局、Bクラスにしかなれないチームなんですよね。
もっと、いろいろ錬り込んで、来期はAクラス入りではなく、いっそ優勝狙いで行こうぜ!
来年も、私は断固、赤ヘルファンで行きます!



話は変わって、格ゲー新作の『バトルファンタジア』の価格が50万だそうで。
あ、もうダメだ。
これはホーム・・・どころか、近場への入荷もないな。
アルカナ入荷しなかったら、我がアーケード格ゲー人生、本気で終わる。

もはや戦後ではない


ポケモンリーグに到着!!
おそらくあと一息でクリアかもしれない。

チャンピオンロード(ダンジョン)の途中で、
ベテラントレーナーが持っていたポッチャマの最上位進化系がえらい格好良かったので、
中盤前でベンチ入りさせてしまったポッチャマを育てることにした。

ううむ、ラスト前に来てまたパーティー入りとは、
さすがはアニメのヒカリのパートナーといったところか。


ポケモン&飯のついでにTVを点けていたのだけど、
いつの間にか路線変更した(?)『伊東家の食卓』の昭和史コーナーがスゲエいい。
来週から、まるまる空いていた火曜のチェック番組に入れてしまおうかな。

ゆるゆる~と見て見てー


うーん、とくに書くこともないんだけど、だらだら書いてみますか。


ジャンプ。
ネウロの掲載位置が目を疑うほどにヤバかった。
・・・まあ、たしかに最近は微妙ではあるが・・・。

ToLOVEるは、もはや沙姫お嬢様が出ないと物足りん!さっさと再登場させろ!
テニス+委員長(春菜)<ベタお嬢様(沙姫)。
今回の件は、二大属性の合成獣も最強属性の唯一神にはかなわなかった、
というとてもいい勉強になりました。
・・・代わりにモテ王で沙姫お嬢のパロネタ連発(とほほ)。


日曜にホームのゲーセンの近くに行ったので、
メタスラ6が無かったのは、きっとメンテ中で基板交換してただけだったんだよ!とついでに確認に寄ったら、
代わりに入荷していたのは『問・戦士』だった。
・・・ごめんなさい、こんなときどんな顔をしたらいいのか、わからないの。

アルカナ入荷予定のアナウンスは未だなし。
ちなみに12月20日稼働予定だそうで、よりにもよってその週の日曜はクリスマスイブ。
稼働から初の日曜をアルカナに費やしたら、完全に負け犬かい。


今日は3人で分担作業してたら、午前で体調不良(疑惑?)とかいって一人、いきなり帰るし、
先週分のミスの濡れ衣を着せられるし、軽く火傷するし、仕事運は最悪だった。
しかも職場に目薬、忘れてきたし。
お目目疲れて、ゲームもマンガもPCやるのも辛いヨー。


という感じのスタートで、今週もそれなりにガンバリますか!

今こそ思い出させてやる!本当の昼を!


劇場版・鉄人28号、公・開・決・定!!!

ついに、ついに・・・幻の月と消えるかと思われた劇場版鉄人が、公式アナウンスされることとなった。
そう、これはもはや幻ではない!

ところで『真昼の残月』って、本当はジャイアント・ロボのエピソードらしいですね(苦笑)。

3月公開・・・、今川監督作品の新作が劇場で観れるなんて、
最高のバースデープレゼントだよ!

どうでもいいバトン


巷でウワサのPS3は完全無視ってわけではないのだけど、
とりあえず5万の価格で引いているので保留。
むしろ今、5万が自由に使えたら、『獣神ライガー』のDVD-BOX全巻を優先して投資しちゃうわ。

しかしPS3のあの映像美には正直、脱帽した。


で、本題というかなんというか、SRCさんから貰ってきた『どうでもいいバトン』。


→続きを見る
 どうでもいい


【“どうでもいいバトン”の続きを読む】

マグレが10回続いても、まだそれをマグレと言うのか?否、実力と言う!!


女子バレーすげええええ!!
戦績・全勝の相手、最強の相手にフルセットの逆転勝ち!!
ポケモンやりつつ中途半端に見てても、それでも震えたわ!!

試合開始直後の相手の初手、
異常に鋭くテクニカルな究極サーブに絶望すらしたけど、
終わってみれば、白熱のドラマが待っていた!!

これは自分の格闘ゲーム観にも、
いや、人生においても大切な何かを学んだ試合だった。

コンジョだ、コンジョウ!


KOFイレブンの通信対戦に行く。
お昼にふらっとつないでも10人以上、人が居るとは・・・。
うらやましすぎる。


対戦中にて・・・あ、当て身スカリでゲージ増えるのか!
香澄を使い続けてたけど、今さら気付いた。
対空投げは残念ながら増えないらしい(こっちの方が隙が少ない)。
とりあえず、これで新ネタGET!一歩前進!

KOF12への貯金のために、
最近はアレンジから、条件の厳しいアーケード設定に戻してやってるのだけど、これも今頃、気付いたネタで、
どうやらアケ設定では起き投げができないらしい。
おかげで相手からのじゃんけんの恐怖を軽減させることはできるけど、
逆に言えば、香澄やアテナの大きな攻め手も失ってしまうことに。

(訂正)すみません・・・起き投げ、出来ました。やりづらくなった気もするけど。気のせいかも?



くそ~、戦術を練り直さなくては。
とくにアテナはリ超に頼りすぎていた(・・・まあ、それしかないのだが)節があるので、
ガチでも戦えるよう、もう少し研究しようと反省。


とにかく対戦経験数を積むことは、他のゲームにもその財産は生きると思うので、本命のゲームでなくともやれることはやっておこう。
根本的には人と人の駆け引きなのだから。


・・・・しかし、周りで付き合いのある人はみんな売ってしまったようだけどね(涙)。
ネオコロも廉価版が出るから、今度はぜひともコッチの世界へ来てほしいです。

ヒカリが飲む、シンオウのコーヒーは苦い


ギンガ団ボス、アカギとの決戦!

他のポケモンが次々と一撃死を喰らう中、ひとり耐えるレントラー。
回復アイテムで回復を繰り返しつつ、少しずつ『かげぶんしん』で回避率を上げ続け・・・
『かげぶんしん』が最高段階に達したそのとき、

「見えた!水のひとしずく!!」

明鏡止水!
黄金の輝きと共に(ウソ)、敵ポケモンの技を次々と見切っていくレントラー。

「肘討ちィ!!裏拳!正拳!とおおおおりゃあああ!!」
「ば、ばかな・・・このギンガ団のボス・アカギが、手も足も出せんと言うのか!?」
レベル6~8の差をひっくり返し、見事、逆転勝利を修める。

そして、幻のポケモン、パルキアが出現。
ナナカマド博士が「おまえなら心が通じ合えるかもしれん」とか言うので話しかけてみると、問答無用で連戦。

・・・勝利。ふう、激しい戦いだったぜ。
なんかナナカマド博士の反応が妙だが、
またなにか起こる前に、とりあえずセーブ

テンガン山を下山する前に、パルキアが陣取っていた奥にアイテムを見つけたので拾ってみる。
・・・ん?これパルキア専用とか説明文にあるんですけど?
も、もしかしてパルキアはGETできた?
アカギがマスターボールなる、どんなポケモンでもGETできるモンスターボ-ルをくれたのは、ひょっとして??


・・・たとえ神を殺しても、MYヒカリの冒険は続くったら、続く。
へっ、俺にはレントラー神がいるからいいわい。

キミに決めた!


ネタもないので、ポケモンパールの進行状況でも語ってみましょうかね。

9月29日から始めて、プレイ時間は34時間。
最後のジムバッチGETの前に、ギンガ団のボスとの戦いにシナリオは流れる。
今まではほのぼのムードだったけど、急に緊迫感のある展開になってきました。

今までの旅の思い出として一番、印象に残ったのは、
ジムリーダー・スモモの切り札ポケモン「ルカリオ」。

前座の二匹は余裕だったのだけど、
こいつに一気に6人抜きされて、4~5回ぐらい敗北。
その伝説級の強さには敵ながら惚れ惚れしてしまいました。
いつか必ず、このルカリオは自分の手でGETしたい!

・・・他のジムリーダーは、とくに苦戦しなかったかな?


続いて、現自軍ポケモンパーティー分析。
基本的にロマン派な私ですが、今回は意外と機能重視かも?

【“キミに決めた!”の続きを読む】

君たちに、最新情報を公開しよう


さあ、いよいよ更新となった、フジハラさんの
ネオジオバトルコロシアム、大久保アルファ大会ベスト4決勝戦

神の力キム&BIGに挑む、キサラのキャラ差を感じさせない立ち回り。
ハンゾウvsディオ、リョウ(カラテ)vsBIG&ギース、
ワーヒーと龍虎、それぞれの主人公とボスが相まみえた熱き死闘。

そして、運命の決勝戦。
なえらさんと三浦さん、職人勇者の頂上決戦は・・・
まるで闘劇・剣サム決勝を彷彿とさせる、白熱の接戦となるのであった!!


次回、ネオジオバトルコロシアム2『喧嘩百段の漢・溝口』(仮)


君もこの動画で燃えたら、未だネオコロをやり続ける勇者達と共に、
ネオジオバトルコロシアム参戦、発動承認!!

これが、勝利の鍵だ!

貴様の全てを否定してやる!


久々にPS2の『るろうに剣心』をやってみる。
佐之助編が終わってるので、今度は斎藤編をスタート。

なんか新撰組時代の回想で、
沖田総司とタッグ戦とか熱いイベントが起きてるんですけど!!
もちろん、沖田もバリバリ喋ります。

うーむ、直さんには完全否定されてしまったけど(苦笑)、
個人的にはこのゲーム、結構、面白いんですよ。
ファンアイテムとしても上の下ぐらいで見れるとも思うし。

まあ、それでも胸を張ってまで人にオススメできないですけどね。

女のゲームなのに・・・なんだ、漢(の内容)か


アルカナロケテの3日間も終了。

最新の情報や、動画とかもいくつか観させていただいたけど、
初日分の自分のレポなんぞもはや十年前のネタぐらいに、時代は進歩してましたね。
冴姫通常急降下蹴りを多用した空中のゆさぶりとか、すごい勉強させてもらってます。

あと、実際によく見れなかったはぁとの動画もあったのが助かりました。
性格は大ボケ天然・・・みたいな感じですが、
いざ戦闘となると、春日野さくらのような勢いのある戦いっぷりで、
非常に気持ちよく、熱いですね!(←重要)

バーンナックルまんまの技も持ってるけど、
はぁとはテリー的な爽快感のあるキャラだと思います。
とりあえず、サブキャラ候補ははぁとに決定。・・・人気も低そうだし(苦笑)。

一方の冴姫の性能は・・・テコンドーの白い悪魔の匂いが(涙)。
お手軽で強そうだから、使用率高いんだろうなあ・・・。
いや、横タメのスラッシュキックから、冴姫はジョー東だと脳内補完すれば、ジョー使いのメンツを保っているようで気分がいい。
そうだ、それがいい、それが一番だ、うわはははは!(声:秋元洋介)

しかし、リュウケン系はなるべく外そうとしている自分が、
本作では主人公コンビに目を付けてしまうとは珍しい。


自分も各所でいろいろな意見を目にしてますが、
満場一致で最弱候補だった土のアルカナに最強説を唱える人が出てきたり、
火力がなさすぎて可哀想だと思っていたほどのこのはに、コンボパワーの威力で文句が出たりと、
この3日だけで意見が二転三転と次々にひっくり返って、本当に面白いです。

・・・でも、調整はしっかりしてね。

こんな店で何も食べてはいけない!


ホームのゲーセンから、もはや唯一の命綱メタスラ6が消えた・・・。
本気でアルカナを入荷しなければ、もう二度とホームに行くことはないだろう。


・・・ところでアルカディアを読み返してみると、光のアルカナなんて存在しないっぽいですね。すんません。
アルカナ選択は機能性重視でもいいのですが、時のアルカナあたりがトリッキー性能になると信じて。
できればこだわりたい。

タダぁ~?お金ぇ~?


『バーテンダー』
今回のテーマは後悔のグラス。

・・・ああ、染みるなあ。
私も人生の7~8割は後悔ばかりを重ねてきてるから、昨夜のお酒(このアニメ)は強く心に染みた。

酒は飲めないからバーには行かないけれど、
ならば代わりに、お酒アニメに酔って癒されるのもまた一興。
雰囲気だけでなく、内容もまた、れっきとした大人のアニメだ。


・・・で、引き続き同じビデオに録画されてるのが、
お子様アニメ『祝ビックリマン』というのが、また都合よくメンタルバランスを整えてくれる(笑)。

さて今回はいよいよ、天子男ジャックが登場!!
田中真弓声で、金の為ならどんな仕事も引き受ける助っ人家業、
という設定は忍たま乱太郎のキリ丸を思わせるけど、
決定的に違うのは小銭を投げるところと、ケチるところ(笑)、

「聖コインつぶて!!」
そうそう、こんな技ありました。懐かしいー!

いや~ヤマト王子といい、男ジャックといい、やっぱ若神子はいいねえ。
いいヒーローだねえ。
早く魯神フッドとか見てみたいな。


しかしこの一週間、仕事も遊びも忙しかった上に、
長時間のバレー中継も観てたから、アニメ(+セラ銃)のチェックが土日に集中してしまって、非常に苦しかった。

そんな中で、スパロボだけは早送りしてしまった・・・という行動が、
どうやら心の奥底に潜んでいた本音の姿のようで。
・・・ぶっつり切ることにしました。
おいしいところは、付人さんの日記を頼りにしますわ(強制はしないけど)。


あと映画の『手紙』が激しく観たい。
近々、必ず観に行こうと思う(今日は別件があるから無理)。
兄役の玉山鉄二を見る時は、『逆境ナイン』とのギャップを埋めるのに苦労しそうだ(笑)。


さて、DVD『Capeta』最新10巻でも観て昼飯を軽く食いながら、
金・土とたっぷり遊んだ分、午後からまた、いろいろ私用で動きましょうかね。
今日もいい天気だ!

くにへかえるんだな。おまえにもかぞくはいるだろう


例によって、アルカナのロケテレポ(11/3分)でも書こうと思いますが、
まあ、細かい部分までのレポはしたらばやら他のブログさんでも次々とやると思いますので、そちらへ。
どっちみち凡プレイヤーの視点ではろくなことは言えないだろうし。

ちなみに現地到達時間(お昼)から初プレイできたのはおよそ3時間後・・・。
2周目からは並びに心折られたのか、ゲームが合わなかったのか、人が少なくなり1時間ちょいぐらいでできましたが。

では、2プレイ全6戦の中から、レポを開始してみたいと思います。


基本はギルティやメルブラとほぼ同じゲームスタイルですが、
まず決定的に違うのは、ゲームスピードの遅さです。
上記作品のようなスピーディ&爽快感を求める人は、
肩透かしを喰らうだろうし、退屈に感じるかもしれません。

逆に、私のようなギルティ&メルブラについていけなかった人間が、
これからの主流になるであろうギルティ型ゲームの入門用としてやるには、
まずOKだと思います。
スピードが遅いから、地上戦の立ち回りもねっちりできますしね。
スト2世代のプレイヤーも、充分、参戦できると思いますよ。


独自の特徴といえば、ホーミングダッシュとアルカナセレクト。
細かな性能の説明はメンドくさいので、したらば等を活用のこと(苦笑)。

このゲ-ムの面白さの、理解の鍵を握るのは間違いなくホーミングだと思います。
実際、強いと思った人はたいていホーミングを有効に使っていました。
(もちろん、まだ初歩的な使い方の段階ですが)

基本、空中ダッシュでさえゆったり気味の本作ですが、
相手が地上にいるときのニュートラルホーミングは、非常に鋭く、速い!
屈ガード崩しの奇襲としては申し分のない性能です。

そして、ガードキャンセル関連のホーミング。
ミクロ世界の駆け引きの場です。

レバー後ろ、つまり防御状態からそのままホーミングするといったん、後ろに下がってからちょっと前に(出たっけな?)。
KOF99の緊急回避後方をスムーズにしたような感じ?

そして、防御中にレバー前でホーミングことで前方にダッシュしていきます。
そう、これはまさしくガーキャンステップ・・・
ここは、ネオコロ勢として極めねばなるまい!(笑)

その他、あまり意識はしませんでしたが、
インストでは空中で、レバー任意の方向+Dで自在にホーミングダッシュできるので、
これを極めれば、サイキックフォース的な見切りの立ち回りができるのではないかと妄想。
これから研究され、完成されたホーミングの立ち回りが楽しみで仕方ありません。



アルカナは、今回は愛・火・風・土・雷の5種類しか使えませんでしたが、
強弱はあるものの、どれもなにかしらの使い道があると思います。

この中では風が安定して最強っぽかったですが、
雷の飛び道具は自動サーチするし、
火は飛び道具が斜めに飛ぶので、相手の空中接近を抑圧したり、と、
人によって使い方は違うかと。

アルカナブレイズは、出が速くコンボにつながる上にぶっぱ性能もいい風が人気ありましたが、
個人的に、火の削り&押し込みっぷりが、アテナ王女の竜巻ガクラ連携っぽくてときめいた。
まあ、本命はヒカリのアルカナが使いたかったのですけどね。
アルカナセレクトはけっこう、悩むと思います。


ゲーム面のまとめ。
なんというか、KOFが96からハイスピード化して鬱ってたときに出てきたわくわく7、的な安心感を感じますね。
・・・この例えはおっさんだけわかればよい。


続きは、キャラに関しての簡易レポ。


【“くにへかえるんだな。おまえにもかぞくはいるだろう”の続きを読む】

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム | 次ページ

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。