スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密のヒーローに、大返信(変身)!(霧隠虎太郎)


>ドロンボーさん

ありがとうございます。
もし最初の二連戦で連敗したら、その後も自信喪失が響くと思いきや、二戦目が取れた事で持ち直した感じです。
さすがはKOF。ローカル中のローカルである地元でも本当に強い人は強く、ここまでいけるとは思いませんでした。

動き自体は恥ずかしいもので、
動きの理想の30%~40%ぐらいしか引き出せなかったし、相手に引き出させてもらえなかった気もします。
いろいろ練習してはいたのですが、実戦はやはり違いますね。

ようやくそれらしい動きができたと実感したのは、なんと最後の最後の3位決定戦。
自分の能力を最初から100%出し切れるよう調整するのはとても難しく、それもまた、大会の面白さだと思いました。

キャラ対は本当に重要でした。そして、たとえCPU相手のイメトレも捨てたものでもないなと。
「バキ」を読んでいてよかった(笑)。

>りょうさん

強キャラばかりに偏らないというのは、対戦があまり盛んでない田舎ゲーセンならではの特典かもしれません。
クリスと共にイメトレに力を入れていたのがチョイ。
・・・だったのですが、意外にも使用者ゼロ。
他に強キャラと言われているビリーもおらず、アテナも自分だけでした。

戦力バランスも重要なんですがやはりそんなデジタル的な要素よりも、プレイヤー能力というアナログな要素の方が物を言うような気もしましたね。
二回戦の女性プレイヤーは、チーム戦力は明らかに格下だと思いますが、本当にしんどかった。


(↓続き。・・・・・・やっちゃいました)



【“秘密のヒーローに、大返信(変身)!(霧隠虎太郎)”の続きを読む】
スポンサーサイト

兵共が、夢の跡


ホームのゲーセンで行われたKOF2002大会、無事終了。
リーグ戦方式で計8人の戦いとなった。

これでも気まぐれ(?)な途中参加者がどんどん増えた結果なのだが、・・・これって、初期登録者4人ぐらいしかいなかったのでは?
おまけに、一人が途中で帰って最終的には7人に(不戦勝で一勝もらったからいいけど)。
うん。世間で名作の大会だろうがこの廃れよう&適当ぶり、さすがは我がホームグラウンドだ!
ちなみに一緒に出場予定の友人はドタキャンだった・・・。

本当に久々の大会出場(生涯三度目?)だったけど、
小気味よい緊張感と、試合が進むに従って勝ちにこだわる姿勢が芽生えてくる感覚がたまらなかったな。
前回のような「対戦交流会」という雰囲気はなく、
今回は一部ガチだったけど、久々に真剣勝負の快感を味わったような気がする。

で、試合内容は、ちょっとしたハイライト形式で記そうと思います。
おさらいしておくけど、マイチームはラルフ、アテナ、ジョー。順番もこのとおりで固定。

(↓続き)


【“兵共が、夢の跡”の続きを読む】

私が・・・私が最強だ!(オルバス)


今月のアルカディア、メタスラ6最終面の攻略目当てに買ったけどメスト史上、最凶の表紙だなあ。
かのメスト伝説に伝わる裏表紙、ダンシングアイの広告「女体にサル?」を超えてるわ(苦笑)。
木村佳乃写真集は堂々と表紙からレジに出したけど、今月のアルカはムリだった・・・。はい、裏表紙で出して隠しました。

しかしネオコロの最終(?)ランクでも、キムが頂点ですか。
2002でも最終的にキムが再評価されて、一躍トップになったようですが・・・
彼は餓狼SP以降、たいていトップクラスにいるような気がする。
根本的に性能コンセプトが凶悪なのか、それとも出演ゲームの定石とキャラ性能の相性がいいのか。

判定の強いジャンプ技での制圧力、鳳凰脚への連続技精度の高さと、まさに「攻撃は最大の防御!」という側面を持ちながら、飛燕斬という無敵切り返し技まで備わっているところがやっかいなんだよなあ。
明日のKOF2002大会でも、ぶつかる可能性は高いだろう。

と、いうわけで決戦前夜!
今日は夜中に多めに練習時間をとって、戦いに備えたいと思います。
勝敗はともかく、納得がいかないような無様な試合だけはしないぜ!

(↓続き。SRCさんへのお返事。今日もこちらですみません)



【“私が・・・私が最強だ!(オルバス)”の続きを読む】

アテナ、いかなーい!(涙)


うう、SRCさん、もうしわけありません。
またコメント欄に書き込み不可なので、↓続きにて返信させていただきます。



「KOFマキシマムインパクト2」をゲット!ディメンジョン。
・・・でもあえて封印しますわ(後述の話も参照)。
現状でハマってやり込みモードになったら「終わり」なので(苦笑)。
とりあえず遊ぶ自由ができても買えなかった、というパターンが一番寒いので、
購入だけは確実にしておいたという感じです。
競走馬の鼻先にニンジンをぶらさげるイメージで、やることを頑張って終わらせるぞ!うおおおおお!!
・・・でも、初回特典のアニメは観てもいいかもね。

で、もうひとつ。
前にも出した闘劇の入場券の話ですが、どうやら「3日通し」で1,800円が真相の模様。つまり例年よりも安かったのです。
闘劇観戦も取りやめようと思っていたのですが、これを知ったらやっぱり行きたくなったな。2日間。
行く気10%から90%ぐらいに回復してしまった。

でもその代償として、取りやめ予定の2日分の余裕を計算して考えていたスケジュール管理が、
一気に大変になってしまうのだけど、おかげで気合が再チャージされた感じなので、まあいいか。
自由と束縛・・・等価交換、等価交換。
それは時間という意味でも、メンタルバランスという意味でも、等価値であればこそ、初めてありがたみがわかるものなのかもしれません。

(続き↓。木村佳乃写真集と、SRCさんへのお返事)


【“アテナ、いかなーい!(涙)”の続きを読む】

ちょっと、クセになるかも?(シオン=ウヅキ)


本当に今さらの話でアレですが、
DSで「ゼノサーガ1&2」なんて出ていたんですねえ・・・。
いや、マジで知らなかったとです。

ゼノサーガには「ナムコ×カプコン」から主任萌・・・あ、いや、興味をもってPS2の同EP1を買ってみたのだけど、
なんというか、あらゆる部分でテンポが悪すぎて、二時間もやらずに放置してしまったのですわ。

でも、このDS版なら当然、ロードの心配もなく、
しかも「3D」から「2D」式のRPGに変換されているので、ダンジョンも煩わしくなくてすみそう。

逆にサクサク進みすぎて困る、という話もあるようだし、
プレイタイムも20時間弱だそうなので、お手軽に遊べそうだから今度こそリベンジしてみようかなと思う。
あと、単純に自分が「DS信者」ということもあって、DSの作品を応援したいというか(笑)。

・・・フッ。幻想5での引退宣言からRPG復帰まで、実に早かったな。


(続き。↓SRCさんからのバトンに回答だ。エトワール!)


【“ちょっと、クセになるかも?(シオン=ウヅキ)”の続きを読む】

君が何を言ってるのかわからないよ、カヲル君!(碇シンジ)


なんで緒方はあそこまで打てなくなってるんだろう・・・。



それはともかく、マキシマムインパクト2、予想以上に面白そう。早くやりたい。
A.C.E2も買おうと思ったけれど、それはとりあえず後回しで、
MI2をみっちりやりこみたい気持ちが強い。
・・・まあ、そんなパラダイスは5月まで持ち越し確定ですけどね。

*ネタバレ注意!
(続き。↓隠しキャラ続報)


【“君が何を言ってるのかわからないよ、カヲル君!(碇シンジ)”の続きを読む】

し・あ・わ・せ(レイア=ドラゴン)


ピンクスィーツって縦シューの画面構図が、「ニンジャコマンドー」に似ていてちょっと、ときめき。
とくにあの「字幕スーパー」の陳腐さがクリソツでたまらん。
でも、未プレイなんですけどね。

怒首領蜂(無印)やエスプガルーダは遊んだのだけど、虫姫さまからついていけなくなってケイブシューからはしばらく離れてますなあ・・・。

・・・と、むりやり新カテゴリー「アルファ電子(ADK)」を埋めてみるのだった。

準備なし!!(無謀キャプテン)


地元の「KOF2002大会」、今週の土曜ということで残り一週間を切っております。

又聞きの又聞きだけど、
出場予定の一部の連中が2002が本業だそうで先天的に強く、
貯金もあるくせに、さらにレベルの高いゲーセンでやりこんでるとか?
もしくわ、自分が行ったことのない時間帯に、ホームに強いヤツが出没しているとかいう話を聞いたので、予想以上に厳しくなりそうだなー。
過疎ってる廃墟ゲーセンの身内大会で、そんなにはりきってんじゃないよ!と、恥ずかしい文句のひとつも言いたいところだ(苦笑)。


(続き。↓で、自分の仕上がり具合は?)


【“準備なし!!(無謀キャプテン)”の続きを読む】

桃華と裏桃華であります


今週のガイキング

○二重人格のお嬢様役=池澤春菜さん、の方程式確立。
○ノーザ=ガルーダ(涙)。でもガルーダ様をお守りするミーアはいない・・・のか?
○戦闘だけでなく、通常時もユニフォーム着ちゃった・・・。
私服(バンダナピュリア)を拝める機会はもうないのかな?
○ガイキング占い。おいしいルル料理より、砂糖と塩を間違えてもピュリア料理の方が食べたいわい。

プロイストが引っ掻き回しすぎて、これからのガイキングが楽しみすぎるぞ!
ルルとディック、ダイヤの恋愛荒れ模様なんてどうでもいいほどに(苦笑)。
というか、ルルの思わせぶりっ子には、自分の苦いトラウマがほじくりかえされて・・・はは。


「デジモンセイバーズ」は、デジモン犯ばかりにスポットを当ててるけど、
人間の強盗も、警察に捕まるなどの描写を見せておかないと安心できないような気がする。
結局、デジモンは悪い人間のエゴに利用されているのだし、
カズマ(←×)が「敵デジモンを殴ることでアグモンを進化させる」、というルールを貫き通したいのなら、
デジモンを憎む前に悪人にも罰を・・・という理屈を納得させておかないと、ただの動物虐待アニメと捉えてもおかしくないんだよなあ。
今のところ「敵デジモン=悪」とは、どうも繋がりにくい。

理由はどうあれ罪を犯せば「悪・即・斬」、
単純に「勧善懲悪」として見据えればいいのかもしれないけど、あまりすっきりしないんだわ。
応援したい作品だけに、ね。


(続き。↓オリジェネ新追加キャラに、なんとあいつらが!)



【“桃華と裏桃華であります”の続きを読む】

その手に刻まれた紋章の重みを忘れるなァァァァ!!(キョウジ=カッシュ)


今日はオフ日。あしたのために、休まなくてはいけない日なのだ。

TV放映を録画したまま観てなかった(暇がなかった)、
クレヨンしんちゃんの3分ポッキリなんとかって映画をダラダラ観る。
監督変更の影響が深刻で、テーマはよいけど根本的にダメになったな・・・。
オトナ帝国やアッパレ戦国は別格として、ヤキニクロードと比べても凄まじい温度差。もう、輝きは見えない。

ぶりぶりざえもんも、あんな扱い方でムリヤリ出すなら永久封印するか、いっそ新キャストにした方が潔いと思う。
ひろしの足の臭い攻撃も、安く使いすぎ。
先代まで築き上げてきた財産を一気に崩壊させるような、不快感の連続だった。


(↓続き。格闘ゲーム、新情報いろいろ)



【“その手に刻まれた紋章の重みを忘れるなァァァァ!!(キョウジ=カッシュ)”の続きを読む】

6話までディランドゥ(エスカフローネ)が主役ですか


夜中に作業しながらテレビつけたら、アニメやっていた。
そうか、これが「獣王星」。

ファンである「吉田玲子」脚本ということで知ってはいたものの、なんとなくスルーしていたのだが・・・深い。スゲエ面白い。
来週からきっちり観てみようかと思う。

6話から主役が高山みなみさんから、なんとKinkiの「堂本光一」にシフトするそうで。
話題性でタレントを声優に使うことが流行している、
昨今のアニメ界の風潮には辟易とするところだが(それだけ興味を引かない?)、彼ならわりと信頼できたりする。


余談。
・・・・・・あの横浜に二連敗。しかも12点失点。
今年の広島カープファンは試練すぎる・・・。

(↓続き。ロア、スポット参戦説について、さらに検証)

【“6話までディランドゥ(エスカフローネ)が主役ですか”の続きを読む】

それが大人のやることかー!!(ゲイナー=サンガ)


・・・「仮登録期限切れ」とかで、いきなり管理ページに入れないので焦りましたわ。

しかし、またコメント欄に書けない予感!?
というわけで、コメントをくださったお二方への返信は、
「続き」の方で一括させていただきます。もうしわけないです。


本題。
なにげなく中古ショップに寄ったら、
なにげなく「キングゲイナー」の中古DVD-BOXがあったので、
なにげなく購入してしまった。
田舎の町の小さな中古ショップのくせに、お宝の出現率が高いのであなどれない(「コメットさん☆」全巻とか)。
でも急な散財だったので、闘劇観戦はパスするかもなあ・・・。DVD買えばいいか?

キンゲ、たしかに終盤はグダグダだけど、やっぱり愛してる作品だ。
ビデオで二回ぐらい観たけど、ぜひもう一度、通して観たい。
ブックレット表紙裏の、制作日誌マンガの富野監督が「ヤバすぎて」笑えます。



・・・つい勢いで「学園アリス」のスペシャル特典DVDも買っちゃった・・・。
佳奈さまとくぎゅが、顔出しで対談とか言ってるんだモン。ハーレムすぎるわ。
それ目当てで買って、ひそかに安田美和さんに萌えたのは内緒です。(←この人、KOFMIのミニョン役だったのか・・・)
実は、日記タイトルは自虐ネタです。はい。

しかし素のパクロミは、まんま久本雅美だな(笑)。
顔じゃなくて、性格というかキャラクターが。リアクションとかうりふたつ。
イメージ崩したら、ごめん!

(↓続き。りょうさん、SRCさんへのお返事です)

【“それが大人のやることかー!!(ゲイナー=サンガ)”の続きを読む】

A ロア THE NATURAL・・・オヤジギャグ禁止!(え~) 


PS2版スパロボ最新作「スーパーロボット大戦オリジナルジェネレーション」。
新追加キャラの「ファイター・ロア」。

そのロア論の続きだけど、
ファイター・ロア自体については、
任天堂でいえば、ポケモンの前のマリオ(まだまだ現役だが)。
バンプレストオリジナルの先駆け(サイバスターの方が先かな?)として、
スパロボの前身、「コンパチシリーズ」でウルトラマンやライダーなどと共闘していたことをリアルタイムで知ってはいるけれど、実はあまり接点はなかった。
間接的に好きなデザインではあったけれどね。
だから、特別なノスタルジィがあるわけでもないのです。

では、彼の何が心を打ったのかというと、ずばり「変身ヒーロー」な部分ですよ!
もちろんコウタのデザインもコンパチブルカイザーもツボなのですが、コウタがロアと「融合」するという設定がたまらないのですわ。

実は、この変身ヒーローキャラという設定は、
自分のバンプレオリジナルに対する理想(妄想)のひとつだったのです。
それが公式の場で具現化、しかもロアという伝説的なカリスマを介して夢が果たされた。これは嬉しい。

さりげにもうひとつ、「バンプレストオリジナル母艦」という理想も、すでに果たされているわけで、
このPS2版オリジェネは、二つの夢を叶えてくれたといえる。

ロアという「柱」が現れてくれたことで、いよいよ点が線に繋がった感じ。ようやくスパロボシリーズの、未知の世界に足を踏み入れることができそうだ。
待っててね、オウカ姉さーん、ラーダさーん(←これが本音?)。

・・・あと、ククル復活希望!

(続き。↓来た・・・いつものあれだ・・・「逆境」だ!)



【“A ロア THE NATURAL・・・オヤジギャグ禁止!(え~) ”の続きを読む】

どこの神様も、皮肉な運命というやつが好きらしい(ドモン=カッシュ)


・・・はあ。予想通りオリジェネ移植かあ。
ゲイナー君や海ちゃんに会えるのはいつになるのかねえ?

まあ据え置きOG自体に文句もないけれど、
これからの次回の据え置き「版権スパロボ」までの空白期間や、
ヘタすれば購入予定もない「PS3」にプラットフォームが移ってしまう可能性も考えると、気力-50どころじゃないなあ・・・。

OGシリーズには、新境地開拓という意味で挑もうとも思ったけれど、いまいち男キャラに感情移入できないから手が止まってしまう(ダイテツ艦長は好きだが)。
女性キャラにはわりと好きなキャラは多いけれど(OG産からオウカ姉さんやラーダさんとか気になる)、女性偏重部隊にするのもさすがに寒い・・・。

過去シリーズのオリジナルキャラ全体で言えば、
未プレイだからこそ希望が持てる、コンパクト3の「世紀末覇者」ことフォルカや、
64のお嬢様タッグ(とくにアイシャ!)、
もしくわMXのヒューゴ&アクア・コンビが、あの衣装さえリファインしてくれるのならそれもプラスとして考えるが、移植版じゃそれも絶望的かな・・・。

まだ完全にスルーと決めつけるわけでもなく、
コッテリやるゲームもないので前向きに捉えては見るけれど・・・
今のところは最悪のシナリオに凍り付いた。覚悟はしていたけどね。

しかたない。まだまだ「スパロボJ」で遊びますか!(三週目途中)

「ばぁぁぁくねつッ!ゴォォォッドフィンガァァァーーー!!」
「覚悟しろ、エビル!うおおおおおおお!ボルテッカァァァァーーー!!」
「カシム、カシムと馴れ馴れしいんだよーーー!!」

俺の夢はここにある(涙)。おつかれ!
あ、でもおウワサの「スパロボDS」があるな!
期待するならこっちだ、こっち!
今度こそ、キングゲイナー参戦に「オーバーヒート!!」

(↓続き。まだ最後まで、「逆転」をあきらめちゃダメよ。ナルホドくん!)


【“どこの神様も、皮肉な運命というやつが好きらしい(ドモン=カッシュ)”の続きを読む】

負けたッスー負けたッスー負けたッスー負けたッスー・・・(シュラ=ナイ=カノム=トム)


ttp://www13.ocn.ne.jp/~p-pulse/

こちらのサイトさんで、
私のフェイバリット格闘ゲーム、「ワールドヒーローズ」シリーズの最終作、
「ワールドヒーローズパーフェクト」の大会動画が載っています。
レア度は高いと思うので、見てみてください。

ああ、ガチ対戦したい・・・。

気を解放しろーーーー!!(クリリン)


ドラマの「ちびまるこちゃん」、最初はキツかったけれど予想よりはずっとよかった。
まるこという素材で興味を持たせておいて、この冷えた時代に家族愛や友情を刷り込ませる素直なドラマ作りは好感が持てる。
身内殺しのニュースは、聞き慣れてしまったがやっぱり痛いものね。

アニメと同じく、お姉ちゃん萌え。僕にもあんなお姉ちゃんが欲しいです。
家族キャストはもちろん、みぎわさんがハマりすぎでやばかった。


で、本題ですが、
これまで貧打貧打の広島カープが、12点得点で圧勝したそうですね!打順が元の鞘に収まったら、溜め込んでいたストレスが一気に爆発!!って感じでしょうか。

もちろん、

・相手がぶっちぎり最下位の横浜。
・ダグラスに安打が出る程度の、相手投手の仕上がり。

なども判断要素として考慮する必要があるけれど、
とりあえず結果が明らかに急上昇したので、しばらく現状の打順を維持するのでしょう。

でもブラウン打線も、もう少し様子を見てみたい気もするなあ・・・。
明らかに選手のテンションの違いで、作戦としては悪くないと思うのだけど・・・
というか、見てて面白いのは「奇策」の方だし(笑)。
まあ、なにはともあれ大勝利に打線点火、めでたいことだ。


・・・で、新庄引退宣言てマジネタ!?

喫茶ルパン(Dr.スランプ)


うお、例の作業が時間一杯になってきた・・・。
でも、能率が上がらないので・・・現実逃避します。

今回はひんしゅくを買いそうなネタ。
・・・まあ、壊れはじめていると思って、「あたたかーい目」で眺めてもらえれば本望です。
あ、軽く「男の話」をしようかと思うので、汚れなき乙女は続き(↓)を見ちゃダメよ。


【“喫茶ルパン(Dr.スランプ)”の続きを読む】

神の子ワルキューレは三度世界を救う旅をしたという


ワルキューレ画集の「LEGEND」を買ったけど、
・・・これ「設定」画集だったのね。

あくまで富士先生のイラスト集、そう、ワルキューレを中心にした渾身のイラスト群がズバズバ載っているのかと思ったけれど、
真実はワルキューレシリーズの開発スケッチ、むしろ「設定資料集」といっても過言ではなかった。

まあ、自分の求める物とは違ったけれど、これはこれでお得な買い物だったと思う。
設定資料として読み込んでいくと、本当にワルキューレの世界観には神懸かった気合を感じる。
設定だけで引き込まれる魅力があるのだ。

最近は、あくまでアニメ・ゲームというカテゴリーは崩したくないのだけど、自分の趣味の変革を必要としていたので、
この設定集をきっかけに、今まであまり関心を示さなかった「バックストーリー」にこだわるのも悪くないと思い始めた。
その新世界の第一歩として出会えた素材が「ワルキューレ」。これは幸せだ。

(↓NEXT。二つのロボット作品について)


【“神の子ワルキューレは三度世界を救う旅をしたという”の続きを読む】

気分はよくて?(遠野秋葉)


というわけで、数ヶ月ぶりにメルティブラッドを遊んできました!


【“気分はよくて?(遠野秋葉)”の続きを読む】

ふーむ?


「闘劇」の公式サイトで決勝大会の開催概要が発表されたけど、入場券の仕組みが例年と違うような?
前回までは、一日券と三日セット券が区別されていたようだけど・・・。
以下、公式サイトよりコピペ。



入場料 一般 1,800円(3日間共通・会場販売のみ)



「3日間共通」って、開場時間等、他の項目と併せて考えると、おそらく料金設定が・・・て意味だと思われる。
二日目、三日目に行こうと予定していたけど、
それは前回と同じく3日券2300円(前売り)で計画していた話なので、二日分で合計3600円になると、ちと考えてしまうな・・・。

本音は、結果的に割増になった合計金額に萎えるというよりも、
あくまで「ついで」として観たいKOFとサムライに、一日分の料金を払う気力(=情)がない、といった感じ。
それに加え、交通費や時間、エネルギーの浪費を考えると・・・ちょっとな。

とくにKOFを見送るのは惜しい気もするが、ネオコロ当日分に絞ろうかな。元を取る意味でも、明日、遊んできて、メルブラ熱も高めておこうか。
KOFの大御所氏や韓国勢の活躍は、DVDで拝ませてもらいましょう!

タイトルの組み合わせといい、料金設定の変更といい、
なかなか望みどおりにはいかないものだ。残念!

どんどん持ってきてくれ!腹が減ってしかたがねえぜ!(テリー=ボガード)


「KOFマキシマムインパクト2」。
シークレットキャラの、新たな追加キャラが発表されたようですね。
そのキャラクターとは・・・?


【“どんどん持ってきてくれ!腹が減ってしかたがねえぜ!(テリー=ボガード)”の続きを読む】

負けからなにかを掴み取れ!(熱血隼人)


巨人vs広島ナイター2回戦。

9回2アウトランナー1塁。得点差は1点。
この場面で「前田」につながる、奇策ブラウン打線の真価が垣間見えて非常に面白かった。
今日は負けたけれど確実に意味がある試合だったと思う。
主力打者、とくに前田にヒットも出始めたしね。

下位打線が徹底的に貧弱になる極端なアンバランスがネックだが・・・上位打線への回転率の高さは、やはり夢を見せてくれる。
結果は急がない。覚醒を待つ!

(↓続きは、あの格闘ゲームについて)


【“負けからなにかを掴み取れ!(熱血隼人)”の続きを読む】

・・・いいえ、これは逆境なんかじゃないわ・・・


き・・・来た・・・。・・・逆境だ。

例のPC作業のデータがバグって、作業終了分の約半分が「おじゃん(死語)」に・・・。
文書をまとめる作業なのだけど、不幸中の幸い、
構図などの全体像をつかむために一通り書きなぐっただけの、まだ「下書きの段階」だったのでショックは少なかったが。

今、思えば、フロッピーディスク(←ツッコミ禁止?)をぞんざいに扱いすぎていたのかもしれない。
けっこう床に落としたし、コピーもしてなかったしね。

そう、これは逆境じゃないな。・・・自業自得。
まあ自分は、けっこう追いつめられてから力を発揮する「底力」タイプなので、
まだ余裕がある(・・・とは言えないけど)、修正範囲内(・・・だと思われる)時期にトラブってくれて、
かえって集中力が高まるかもしれない。
そうやって前向きに捉えよう!泣き言は言わせてもらうけどね・・・。

とりあえず、しばらく休日返上かな。
でも、せめて!2002大会と闘劇観戦にだけは行ってやるーーーー!!


【“・・・いいえ、これは逆境なんかじゃないわ・・・”の続きを読む】

ぱ~ふぇくとそるじゃ~


KOF2002の韓国プレイヤー動画を観たのですが、凄まじく「強い」ですなあ。
行動の随所に見え隠れする膨大な知識量ももちろんですが、
無駄な行動が一切なく、ヒット確認やら反応速度も正確無比。
もはや機械的な強さを感じます。

これは参考にしろ、真似しろって言ってもちょっと不可侵領域なレベルで、芸術的な強さに、ただただ見入ってしまいました。世界は広い。





【“ぱ~ふぇくとそるじゃ~”の続きを読む】

行く暇などない!・・・からこそ行かせていただきます!!


ホームのゲーセンで月末に予定されている、「KOF2002」の大会にエントリーしてきました。

昨日書いたPC作業に忙しいので、
もちろん当日まで練習もろくに出来ないし、ヘタすればドタキャンもあり得るけど、「お楽しみ」を作ることで余裕を持ちたかったので、あえて参加を申し込んだ。

前回のようにぬるま湯対戦会のような雰囲気になればいいけど、ギルティの前は主役のシリーズだっただけに、過疎ってるホームでもKOFは普通に強い輩が多い。
甘くはいかないかもしれない。


【“行く暇などない!・・・からこそ行かせていただきます!!”の続きを読む】

アイ ショーティ!


なんだかんだで毎日更新してるな・・・。
忙しいのは確かだけど、気分転換によいので。
でも、あからさまに手は抜いてますけどね(苦笑)。

さて、本日はいつも以上に「痛い」日記を綴ろうと思います。


【“アイ ショーティ!”の続きを読む】

新番感想その4


ゼーガペイン、期待よりは下だったけれどそこそこ好印象。
少なくとも電波ゆんゆんでゴリ押ししない、正統派寄りの作りが救える。
アクがない分、地味って言えば地味だけど。

戦闘パートはリアルロボットのケレン味が利いていて楽しく観れたが、日常パートがやや退屈かな。
伏線を巧妙に張ろうとしているけれど、それらが効果的に作用せず、空振ってる気がする。
これから複雑になるであろう人間関係が、盛り上げてくれればいいけど。

爆発力はなさそうだが、安定はしそう。
期待点も込めて、75点。

テメエと俺と、何が違うってんだよォォォ!!


アニメ版「アイシールド21」を、
「たまたま」観たら、賊学敗退の話だったので視聴。
自分は原作信者ではあるが、露骨に愛を感じないアニメ版に関しては徹底アンチなのだ。
変貌した桜庭入場シーンのあの気の抜けた演出は、今でも忘れない。

まあ、今回は作画崩れがすごいことになっていたが、葉柱の魂の叫びだけはバッチリ決めてくれたのでOK!
作画も演出も声優も、よくやってくれた!!それだけで許す!
原作ではちょっと泣いてしまったシーンだけに、「あの」アニメ版でも胸に込み上げてきた。

今週号の原作もよかったなあ。
捨て回が多くなってきた気もするが、決めるところではきっちり決めてくる!
デビルバッツの鉄の友情&勝利→雪光の伏線解禁、の怒涛のコンボ展開は反則でしょう!

なんだかんだで、ジャンプで一番好きな漫画ですよ。アイシールド21。

徹夜でテトリスですか?(新番感想その3)


銀魂は、TVシリーズも60点~70点ってところでしょうか?
巷じゃかなり酷評されてますけど・・・そこまで悪くもないんじゃないかな。
↑のセリフとかツボだった。

とくに評判が悪いのは銀時の声だけど、自分はそちらはとくに気にしていない、というかストライクゾーンはたしかに外れているけれどわりと好き。
ジャンプフェスタの時は、前にも書いたとおりむしろ神楽の方が慣れなかった。
でも、今回はもう大丈夫。というか、やっぱ釘宮ボイスは萌える・・・ってことで納得してるかも(苦笑)。
しかし予告やあらすじの動画が、そのジャンプフェスタ版の使い回しだったのはとほほだ・・・。

余談。
現在の境遇が似ていて、今日のカペタには励まされた。
いいタイミングでリタイア話が来てくれたもんだ。
体調も悪く、心ごと弱気になっている時にこういう回に出会えたから僥倖だ。
・・・まあ、自分は原作でこのリタイアの「意味」を知っているから、プラスに昇華できるのだけれど(知らない人はショックかも?)。

「教えられたよ、たかが漫画に!」(炎尾燃/吼えろペン)

新番感想その2(連絡事項付き)


>付人さん

早さが足りない!(笑)。
まあ、本編の好みは人それぞれでしょうが、主人公のカズマっぷりは、一度は拝んでみても損はないですよ。



えと、これからしばらく更新頻度が落ちるかもしれません。
もしコメントくださる方、もうしわけありませんが、
返信が遅れる可能性が高いことはあらかじめご了承ください。

ちなみに前回からやっておりますが、
自分がコメント欄に返信しようとすると文字が見えない状態になってしまうので、
「返信のコメントは次回の日記で行う」という形式についても、ご理解のほどよろしくおねがいします。


【“新番感想その2(連絡事項付き)”の続きを読む】

| 戦斗男児BLACK~頼まれなくったって生きてやる!~ホーム | 次ページ

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。